• ホーム
  • 事例
  • LINEチャットの活用でお客さまの満足度を向上!きもの着付け教室のLINE公式アカウント活用方法

LINEチャットの活用でお客さまの満足度を向上!きもの着付け教室のLINE公式アカウント活用方法

日本和装 COCON GINZA

東京都中央区銀座5-14-1 銀座クイントビル2階

東京の銀座・歌舞伎座前に佇む「日本和装 COCON GINZA」。全国で無料の着付け教室を展開する日本和装ホールディングスが、国籍や男女を問わず多くの方にきものを楽しんでもらうために開設した施設です。今回は日本和装ホールディングス株式会社のCOCON GINZAで女将を務める稲村さんに、LINE公式アカウント(旧LINE@)の活用方法を伺いました。

ポイント

LINEチャットなら、お客さまからのレスポンスが早い

――LINE公式アカウント導入までの経緯を教えてください

 

店舗のオープン時、弊社の横浜局で既にLINE公式アカウントの運用を担当していた者から「オープニングの段階から活用したほうが良いのではないか」と提案を受けたのがきっかけす。新規オープンということもあり、とにかく知名度を上げたいと思っていました。他店舗と違う新しい部分や細かい情報を素早く伝えられる方法はないかと考えた結果、LINE公式アカウントの導入を決めました。

 

――実際にLINE公式アカウントを導入されていかがですか?

 

以前よりメルマガも運用していますが、メルマガだと画像が送りづらかったり、迷惑メールと認識されてお客さまに届かなかったり、開封されたかどうかわからないという問題がありました。導入後、LINE公式アカウントのLINEチャット機能を利用しているのですが、既読の有無がわかりますし、お客さまからのレスポンスが早いのでとても助かっています。今では、常連のお客さまほどLINE公式アカウントを利用しています。

 

日本和装ホールディングス株式会社のCOCON GINZAで女将を務める稲村さん

イベントで撮影した写真はLINEチャットで送付

――LINE公式アカウントでおすすめの機能を教えてください


当店ではきものの販売と平行して、「着付け教室」や「お茶席の体験」、「きものを着て歌舞伎観賞」などのイベントを開催するのですが、そこでもLINEチャットを効果的に活用しています。イベントの参加申し込みもLINEチャットで受け付けていますが、お客さまからのリアクションがとても早く、参加人数が限定されているイベントは毎回定員以上のお申し込みをいただいています。お客さまもLINEのメッセージで告知を受け取った流れで、そのまま返信できるため手軽に申し込みができると思います。


また、お客さまがきもので集まる機会には集合写真を撮影しているのですが、「写真を送ってほしい」とお願いされることがあります。LINEチャットでは写真が簡単に送れるので、非常に助かっています。


――LINEチャットを利用した感想を教えてください


元々、きものという高額商品を扱っており、着付け教室でお客さまと直に触れ合う機会も多く、顔見知りのお客さまも多いです。普段の接客から1対1での対応をしていますので、それがLINEになっても抵抗はありませんでした。このような下地があるため、LINEでのコミュニケーションもうまくいっているのではないかと思います。


――運用面で工夫していることや気をつけていることを教えてください


掲載する画像は奇麗なものをデザイナーが用意して、質を保つようにしています。お店のイメージを大切にするために、制作物もクオリティーを保つようにしています。

日本和装 COCON GINZA

――これからLINE公式アカウントをはじめる方へアドバイスをお願いします

 

小さな事業主さんにこそ使えるツールだと思います。店舗の場合、個人のLINEアカウントでお客さまとやり取りをしている場合もありますが、ビジネスとプライベートのやり取りが混ざってしまいます。LINE公式アカウントを利用すれば、そこがきちんと分けられるので、店舗や個人事業主さんにおすすめです。

無料プランで始められるので、「まずはやってみる」価値があると思います。さらに運用の段階に合わせたプランもあるので、よりLINE公式アカウントを活用していきたいという方も、段階に合わせて活用しやすいと思います。

 

LINE公式アカウント 店舗向け事例集

 

LINE公式アカウント