インタビュー 2018.03.26

日本最大級のスマホリサーチなら「LINEリサーチ」

3つのポイント

・日本最大級のスマートフォン調査のモニター組織

・LINEならではのスピーディーな回収、豊富なフレッシュモニター

・「サポートコース」「ライトコース」選べる2つのプラン

LINEリサーチは、スマートフォン専用のリサーチプラットフォームです。モニター数、若年層へのリーチ力、回収率の高さが大きな特徴です。パネルの約半数が10~29歳で、大人だけではなく、出現率の低い学生や若年向けの調査も実施可能です。

消費者の利用デバイスがスマホへシフトしている昨今では、インターネット調査における回答もスマホからにならざるを得ません。本記事では、これまでに累積1000本以上の調査実績があるLINE リサーチについて、その特徴や効果的な活用方法についてご紹介します。

LINE リサーチプラットフォーム 4つの強み

LINE リサーチプラットフォーム 4つの強み
  1. LINEリサーチのモニターは全員がスマホユーザーかつLINEユーザーです。15歳から59歳のスマホ利用率が約85%、かつスマホ利用者のLINE利用率が約90%であることから、サンプリングバイアスを抑えた極めて代表性の高いモニター組織ということができます。
  2. 若年層に強い、日本最大級スマートフォン調査のモニター組織:アクティブモニター総数は約394万人 (*1)、日本最大級の規模です。これまで難しかった学生や若年層など出現率の低いモニターに向けた調査も実施可能です。
  3. LINEならではのスピーディーな回収を実現:LINEリサーチのアンケートは、友だちと日常的にやり取りしているLINEのプッシュ通知で配信されます。 調査対象者が気づきやすいため、アンケート実施後の回収スピードが速く、10分で1000サンプルの回答を集めることも可能です。
  4. フレッシュサンプルが豊富:LINEリサーチのモニター組織「LINEアンケート」への登録者は、約70%が他のアンケートモニターに登録をしていないユーザー。 調査慣れによる回答者バイアスを回避することができ、より一般消費者に近いデータを取得することができます
  • (*1)アクティブモニター総数は、2018年3月時点のものです。

LINEリサーチの2つのコース

LINEリサーチでは、調査のプロが設計から分析まで行う「サポートコース」、早く、リーズナブルな価格で調査を実施できる「ライトコース」の2つのプランをご用意しています。

「サポートコース」

サポートコース

サポートコースは、調査の専門スタッフを保有している調査会社に依頼するコースです。専門スタッフが課題の整理、調査の設計、調査画面の作成、実査、集計、分析、報告までをトータルで支援します。また、必要な工程を部分的に依頼することもできるコースです。

当コースでは、LINEリサーチのパートナー調査会社としてJMRA(日本マーケティング・リサーチ協会)に所属する代表的な調査会社や一定基準をクリアした調査分野の専門家が対応いたします。

「ライトコース」

ライトコース

ライトコースは、早く、リーズナブルな価格でLINEでのアンケートが実施できるコースです。記事の材料やプレゼン資料など、様々なシーンでお気軽にご利用いただけるよう、コストとスピードを重視しました。調査の専門スタッフによる設計や集計・分析などの支援はありませんが、従来のセルフアンケートとは異なり、弊社入力スタッフが画面作成、配信を担当するため、初めての方でも簡単にご利用いただけます。

さいごに

LINEリサーチの活用事例やご利用企業のインタビューについては、LINEリサーチ公式ブログで紹介しております。機能や各コースの詳細は、LINEリサーチの紹介ページをご参照ください。