広告審査 2020.02.25

LINE広告│広告&クリエイティブ審査の基本ルール

LINE広告の利用に際しては、大きく分けて「広告アカウント」「広告」「クリエイティブ(メディア)」の観点から審査が入ります。訴求する商品や遷移先を審査する「広告」、掲載する画像や動画の内容に関する審査を行う「クリエイティブ」について、その基本ルールを紹介します。

審査の基本方針

「LINE」は子どもから大人まで幅広い年齢層のユーザーが利用するコミュニケーションアプリです。そのため、LINE上で展開される各種広告については、「情報の受け手(ユーザー)がどう思うか」「ユーザーが必要とする情報を適切な形で提供しているか」「ユーザーが不快に感じることはないか」「すべてのユーザーが安心・安全にサービスを利用できているか」という観点で広告ガイドラインが定められています。


また、昨今は一部の事業者による悪質な広告出稿に対して、広告健全化への取り組みに注力するようになっています。

広告・クリエイティブ審査とは

LINE広告では、配信される「クリエイティブ」と遷移先となる「広告」を同様の判断基準で審査しています。以下、基本的なルールを解説していきます。

※「クリエイティブ」に関しては、訴求したい商品や内容に合わせて、フォーマットを選択する必要があります。フォーマットごとに静止画のサイズや動画の比率が異なります。詳細は下記の記事を確認してください。

LINE広告丨クリエイティブの種類と対応する配信面

必須項目

LINE広告で配信される全ての広告、クリエイティブに関して必須で定められているルールです。


・広告の主体者の明示
常に広告の主体を明示し、画像の場合は視認可能な大きさで表示してください。また、広告主が権利を保有しない素材を利用する場合は、必ず権利者名を明記し、当該権利者との関係性を明確にしてください。


・業界の自主基準、公正競争規約等の遵守
業界の自主基準や公正競争規約がある場合は、その基準、規約に従った表現、表記を行ってください。

表現上の制限・禁止事項

続いて、表現上における制限や禁止事項を紹介します。審査が通らない場合などは、以下に該当する項目がないか確認しましょう。


・ユーザビリティーが低いと判断される表現・広告の禁止
画像が正常に表示されていないもの、誤操作を誘発する可能性があるものなど、ユーザーの意に反する、またはユーザビリティーが低いと判断された広告は掲載できません。


例:ユーザビリティーが低いと判断される表現・広告

・ユーザーが不快と感じる可能性がある表現の禁止
人体のコンプレックス部分を露骨に表現したもの、過度な肌露出(※1)、性に関する表現が露骨なクリエイティブは禁止されています。また、暴力、反社会勢力を連想させる表現やグロテスクな表現などもユーザーが不快と感じる可能性があるため、掲載できません。


※1 水着や下着においても訴求内容とは関係のない不必要な画像は禁止です


例:ユーザーが不快と感じる可能性がある表現

・不当表示に該当する可能性がある表現
紹介する商品やサービスの内容が、事実よりも優れていると誤認させる「優良誤認表示」、実際よりも安いと誤認させる「有利誤認表示」が含まれる表現は掲載できません。また「世界初」「業界ナンバー1」などの最大級表現を使用する場合は、遷移先及びクリエイティブ内にデータの出典元・調査機関名および調査年が明記され、正確な引用であることが条件となります。


・投機心や射幸心を煽る可能性のある表現
通貨およびそれに類似するものを想起させる表現、金銭の授受を直接的かつ過度に想起させる表現は禁止されています。また、確実に大金が手に入る、絶対に稼げるなど、ユーザーを惑わせるような投機心、射幸心をあおる内容は掲載できません。


例:投機心、射幸心をあおる表現

・第三者が権利を有するものを利用した表現
著名人の氏名、画像、またテレビ番組名や番組画像をはじめとする著作権、商標権、肖像権、パブリシティー権など、法令上または契約上の権利を有するものを無断で使用することはできません。

LINE広告ならではの注意点

続いて、LINE広告ならではの審査注意点について紹介します。

「友だち」の表記間違い

LINE公式アカウントでは、企業や店舗のアカウントとユーザーとのつながりを「友だち」と表現します。LINE広告ではLINE公式アカウントの友だちを集めるための配信機能「CPF(友だち追加広告)」がありますが、配信するクリエイティブや遷移先となるWebページに「友だち」との表記を記載する場合は注意が必要です。

 

❌「友達」「ともだち」「お友だち」

⭕️「友だち」

「友だち」の表記間違い

LINEのコンテンツと誤認または混合する可能性がある表現

LINEが提供・保有しているロゴやキャラクター、サービスなどを用いることで、ユーザーにLINE(が認定する)コンテンツと誤認または混同される可能性がある表現は禁止されています。特にキャラクターはLINEならびに関連会社が権利を保有しているため、使用できません。

また、LINEのサービスロゴやアイコンなどの使用については、ガイドラインを遵守する必要があります。詳細は下記のページを確認してください。


LINE APP ICON GUIDELINE


例:LINEアプリアイコン使用方法の禁止事項

以上の基本ルールを守り、正しく商材・サービスの内容が伝わるような表現を心がけましょう。


健康食品、化粧品、医薬品、医薬部外品、医療機器については別途、注意点を細かく紹介しています。

【LINE広告】審査の注意点│健康食品、化粧品、医薬品、医薬部外品、医療機器


LINE広告はオンラインの申し込みに対応しています。広告配信までの流れなどの詳細は下記のページをご覧ください。