• ホーム
  • コラム
  • 調査
  • 【LINEリサーチ】ドラマ、ニュースなど人気テレビ番組の実態を調査
調査 2019.06.07

【LINEリサーチ】ドラマ、ニュースなど人気テレビ番組の実態を調査

LINEリサーチでは、19:00から24:00の時間帯で放映しているテレビ番組について、人気番組である『news zero』『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』『人生最高レストラン』の3番組をピックアップし調査を行いました。

Topics


①情報番組『news zero』の視聴者

情報番組ジャンルの中でもよく見られる割合が高かった『news zero』。王道の情報番組ですが、この番組の視聴者はどのような層なのでしょうか。

 

■視聴者属性と興味関心について

 

男女比、年代ともに偏りの少ない分布になります。

趣味・興味の分野においては「音楽鑑賞」「旅行/観光」「映画」がそれぞれ僅差で上位となっています。

■視聴後の行動について

 

以下は、番組を週2回以上見ているコア視聴者と、たまに見ている視聴者に分けて、行動を比較した図です。

『news zero』の場合は、報道番組という特性上、全体に「情報のシェア」「情報の検索」の行動がよく見られます。特にコア視聴者に関してその傾向が強いようです。

■視聴者のCM認知について

 

『news zero』の番組視聴者に対して、この番組中に放映されるCMで思い出せるものを自由回答で聞きました。

回答としては、「アサヒビール」「キリンビール」「資生堂」「au」などの企業名が挙げられました。

 


②ドラマ『ラジエーションハウス』の視聴者

4月開始の月9ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』は、当シーズンドラマの中では最も定期的に見られていた結果となっています。

この番組の視聴者どのような層なのでしょうか? 

 

■視聴者属性と興味関心について

 

ドラマ視聴者ということで、女性30代以上が多い傾向が見られます。趣味・興味の分野においても「ドラマ」「映画」などが上位に見られました。

■視聴後の行動について

 

以下は、番組を欠かさず見ているコア視聴者と、ときどき見ている視聴者に分けて、行動を比較した図です。

『ラジエーションハウス』は放射線技師のストーリーのため、「放射線技師について調べた」「原作マンガを調べた」見ている人の反応をリアルタイムで調べた」という行動が、特にコア視聴者で多く起こっています。「番組や出演者のSNSをフォロー」の行動はときどき視聴者に多く、毎回は見られなくとも関連情報を気にしていた形跡が見られます。

■視聴者のCM認知について

 

『ラジエーションハウス』の番組視聴者に対して、この番組中に放映されるCMで思い出せるものを自由回答で聞きました。

回答としては、「Galaxy」関連の回答が多く見られました。このCMは、ドラマ出演者が登場する番組連動型のCMで、視聴者へのインパクトが強く出たことが考えられます。その他では、「エステー」「消臭力」「ムシューダ」など企業名や商品名の回答も見られました。


③バラエティ『人生最高レストラン』の視聴者

深夜帯ながら人気の『人生最高レストラン』。

この番組の視聴者どのような層なのでしょうか?

 

■視聴者属性と興味関心について

 

性別については男女大きな偏りはなく、年代では、50代のボリュームがでています。趣味・興味においては、「料理/グルメ」が上位にきています。

■視聴後の行動について

 

以下は、番組を欠かさず見ているコア視聴者と、ときどき見ている視聴者に分けて、行動を比較した図です。

全体としては、「番組に取り上げられていたレストラン/お店をネットで調べた」という行動が最も多く起こっています。また、欠かさず見ているコア視聴者では、ときどき視聴者と比較して、「番組に取り上げられていたレストラン/お店に実際に行った」という行動が2倍、「出演者が最後に飲んでいたビールを実際に買った」という行動が、なんと3倍という結果となりました。番組の常連になってもらうことで、コンテンツが消費行動に及ぼす影響力をより発揮できることが見受けられます。 

■視聴者のCM認知について

 

『人生最高レストラン』の番組視聴者に対して、この番組中に放映されるCMで思い出せるものを自由回答で聞きました。

回答としては、他2番組と比較しても、「サントリー」の企業名だけでなく「プレミアムモルツ」「金麦」など商品名を想起した視聴者が多い結果となっています。この番組はサントリーの一社提供番組となっており、自然な形でのアプローチが番組内に多くみられます。

また、ビールが注がれる全面映像が印象的でもあるので、商品分野や商品が印象に残りやすいのかもしれませんね。

 

今回の調査の結果はいかがでしたでしょうか。

 

LINEリサーチでは、10代を含む豊富なモニターと、LINEのチャット型画面を生かした「番組直後チャットボット型調査リサーチ」、CM浸透度を毎日把握する「デイリー調査」などTV番組/CM評価調査を各種ご提供しております。

 

特定の番組に対する調査の実施をご希望の方は、ぜひこちらからお問い合わせください。

 

--------------------------------------------

【調査について】

LINEユーザーを対象にしたスマートフォンWeb調査

調査対象:日本全国の15歳~59歳の男女

実施時期:2019年5月27日~6月3日

有効回収数:事前調査24840s 本調査 ①311s②317s③300s

※事前調査:人口構成比、本調査:事前調査の視聴出現バランスにあわせて性年代でウェイトバック

--------------------------------------------

 

【調査データの引用・転載について】

調査データの引用・転載の際は、必ず「出典:LINEリサーチ」と明記いただけますようお願いいたします。

引用・転載先がWebページ(メディア/ブログ等)である場合には、該当ブログ記事のURLをリンクしてご掲載ください。

報道関係者様による引用の場合、利用・掲載状況の把握のため報道関係のお客様からのお問い合わせまでご連絡いただけると幸いです。