サービス情報 2019.03.01

約2週間で783万人が参加!LINE「クリスマス福袋」キャンペーン結果を大公開

2018年12月、LINEユーザーであれば誰でも参加できる期間限定のオープンキャンペーン「クリスマス福袋」が実施されました。初の試みにも関わらず、幅広い業界から14社の企業が参加したキャンペーンの結果を紹介します。

約500万人ものユーザー参加実績のある強力な拡散力

「#クリスマス福袋」は、LINE Sales Promotion(※)のメニューの一つであり、商品やサービスのブランディングに効果的なオープンキャンペーン型の「LINEインスタントウィン」を、クリスマスシーズンに向けて特別にパッケージ化して提供した商品です。


「LINEインスタントウィン」とは、LINE上で展開されるキャンペーンに会員登録不要で応募することができ、その場で当落結果がわかる店頭販促キャンペーンプラットフォームです。キャンペーン応募と同時にMAU6,800万人以上(*1)のタイムラインへシェアされる機能(*2)により、1キャンペーンに約500万ものユニークユーザーが参加することもある(*3)ほどの拡散力で、圧倒的なリーチを獲得できます。


さらに、参加企業が用意する景品とは別に、副賞としてLINEポイント合計3,000万ポイント以上をパッケージ化したほか、異なるキャンペーンを横断した相互送客を促すため、当落画面に実施中のキャンペーンを一覧で紹介する「OfferWall」へのリンクを設置。タイムラインへの投稿が行われる際の共通タグ「#クリスマス福袋」も設定もすることで、クリスマスシーズンならではの盛り上がりと併せたさらなるキャンペーンの拡散を目指しました。

  • (*1) MAU: LINEのタイムラインに訪問したユーザーの数、2018年9月時点 社内調査


    (*2) タイムラインシェアはユーザー任意です。チェックボックスのチェックを外すとタイムラインシェアはされません。


    (*3) 過去の同プラットフォーム利用キャンペーン実績。

3つ以上のキャンペーンに参加した対象者に LINEポイントを付与することで回遊性を高め、新規ユーザーへの大量リーチを実現

3つ以上のキャンペーンに参加した対象者に LINEポイントを付与することで回遊性を高め、新規ユーザーへの大量リーチを実現

1つのキャンペーンに参加した対象者を他のキャンペーンへ誘導することで、キャンペーン同士の相互送客を実現

1つのキャンペーンに参加した対象者を他のキャンペーンへ誘導することで、キャンペーン同士の相互送客を実現

共通タグを設定することでタイムライン経由での参加を促進(※製品パッケージはキャンペーン実施期間中のものです)

共通タグを設定することでタイムライン経由での参加を促進(※製品パッケージはキャンペーン実施期間中のものです)

783万人のユーザーが参加、総応募回数は6,535万回に

今回の「クリスマス福袋」には全14社の企業が参加し、ハウス食品株式会社であれば「とんがりコーン1年分」、ビー・エム・ダブリュー株式会社であれば「BMWで行く1泊2日の至福の旅」など、各社ごとに特徴のある豪華な商品が目を引きました。キャンペーンは2018年12月10日から12月26日にかけて行われ*、期間中の合計の応募回数は6,535万回、応募人数(UU)が783万人、シェア回数が3,907万回というリーチを記録しました。

  • 単体のキャンペーン期間は7日間もしくは10日間

参加企業のブランドリフトと友だち数増加に効果を発揮

また、応募時に動画の再生をオプションで実施したキャンペーンの参加者に対し、キャンペーン終了後にLINEリサーチでブランドリフトに関する調査を実施しました。その結果、キャンペーン参加者のうち、企業への好感度・関心が高まったと回答したユーザーは59.4%、企業や商品への興味・関心が高まったと回答したユーザーは64.8%となり、キャンペーン応募時に再生された動画により、企業や商品のブランドイメージが向上したということがわかりました。


さらに、キャンペーン応募時に自動で友だち追加をするオプションをつけた企業のLINE公式アカウントでは、平均して有効友だち数が約161万人増加し、友だちの獲得にも寄与したことが判明しています。

次回は「新生活応援福袋」、夏季にもキャンペーンを実施予定

今後はクリスマスに限らず、季節毎のイベントに合わせてキャンペーンの展開を行なっていきます。3月7日からは入学や就職などの新生活が始まるタイミングに合わせた「新生活応援福袋」キャンペーンが第二弾として始まります。


そして夏季には第三弾のキャンペーンを実施予定ですので、季節の催事イベントに合わせて認知を拡大させたい、ブランドイメージを向上させたい、とお考えのご担当社様は是非、以下からお問い合わせください。