• ホーム
  • コラム
  • サービス情報
  • 人気クリエイターが作って拡散。”愛されるタイアップ” が叶う「クリエイターズ・リレーション」とは?【前編】
サービス情報 2020.06.17

人気クリエイターが作って拡散。”愛されるタイアップ” が叶う「クリエイターズ・リレーション」とは?【前編】

マルチな場で活躍する人気インフルエンサーが集う「クリエイターズ・リレーション」

今やスタンダードな広告手法となった、インフルエンサー・マーケティング。

これらの施策にインフルエンサーとして起用される多くの人気クリエイターは、活動の場を一箇所に限定せず、各種SNSやプラットフォームを横断してマルチに作品を発表しています。

そのため、現在では特定のプラットフォームにフォーカスした施策ではなく、マルチプラットフォームで活動するクリエイター自身と連携したマーケティングが求められるようになりました。

ライブドアブログは、こういったマルチプラットフォームで活動するクリエイターの多くに、メインの”拠点”として選ばれています。

 

今回は、ネットで見かけない日はない人気クリエイターである”ライブドアブログ公式ブロガー”たちと、彼らがインフルエンサーとしてタイアップコンテンツを制作するライブドアブログの広告メニュー「クリエイターズ・リレーション」をあわせて、前後編の記事でご紹介します。

”愛されるタイアップ”はユーザーの行動を引き出す

クリエイターを起用したタイアップコンテンツにおいて最も重要であり、また最も難しいのは、ユーザーに楽しまれ、愛される広告コンテンツを生み出すということ。

いかに人気のインフルエンサーを起用したとしても、広告コンテンツ自体がファンに忌避されるようでは、ユーザーに行動や態度変容を促す高い広告効果は見込めません。

その点において、ライブドアブログの公式ブロガーである人気クリエイターたちが手掛けるタイアップコンテンツは、ユーザーからの好反応と、実際の購買などによる追体験を引き出すことが特徴的です。

コメント欄には「買ってみました」などの声が溢れ、広告タイアップであることが認識された上で、コンテンツ自体が読者に愛されていることがわかります。

人気クリエイターが作って拡散。”愛されるタイアップ” が叶う「クリエイターズ・リレーション」とは?【前編】

(「まめきちまめこ ニートの日常」2018年11月19日掲載「いいね!」が欲しいよ!フォカッチャくん!の巻【超熟PR】より)

クリエイターを支える「公式ブロガー制度」

このようなユーザーの好反応を引き出せる背景には、クリエイターが読者を楽しませるコンテンツを日々コンスタントに制作することで培ってきた、クリエイターと読者の強い信頼関係があります。

そしてこのクリエイターの日々の創作活動を支えているのが、「ライブドアブログ公式ブロガー」の制度です。

「ライブドアブログ公式ブロガー」とは、ライブドアブログで活躍する人気クリエイターを支援するシステム。 2015年9月の制度開始以来、2020年6月時点で400名以上が加入しています。

良質なブログを執筆しているクリエイターをサポートする目的で、新たな読者を増やすためのコンサルや企画提案、テクニカルサポート、書籍化・映像化の際のPR支援など、幅広いバックアップを手厚く行っています。 

また、公式ブロガー限定のイベントも開催することで、人気クリエイター同士が交流し、ノウハウを共有する機会を作っています。

人気クリエイターが作って拡散。”愛されるタイアップ” が叶う「クリエイターズ・リレーション」とは?【前編】

2019年の忘年会には人気ブロガー合計115名が集結(「ライブドアブログStyle」2019年12月25日掲載 「ライブドアブログ大忘年会2019」レポート より)

「元々は、ライブドアブログで活躍してくれているクリエイターさんたちに、”ライブドアブログで書いていてよかった”と感じてもらいたいと考えたのがきっかけです。広告による収益化の改善だけでなく、ブログのネタを一緒に考えたり、デザインの最適化を考えたりと、幅広くクリエイターさんの相談にのることによって運営をより楽しくできないかなと思い、公式ブログ制度を作りました」(ライブドアブログ プロデューサー 宮澤和宏)

 

公式ブロガー第1号のカータンさんとは、毎日のように連絡をとりあい、ブログの話以外にも、家族のことや日常の出来事などを語り明かしたのだとか。「運営者との距離が近く、困った時に"どこに相談して良いのかわからない"という状況がないのは、心強いです」とカータンさんも言うように、こういったブロガーを支える体制は当時としては珍しく、ブロガー同士のクチコミで評判を呼んだこともあり、多くのクリエイターが集まることで制度の規模が拡大し、現在に至ります。

人気クリエイターが作って拡散。”愛されるタイアップ” が叶う「クリエイターズ・リレーション」とは?【前編】

ライブドアブログ プロデューサー 宮澤和宏は「宮P」の愛称で多くの人気ブロガーのコンテンツにも登場。(左「たまご絵日記」/右「まめきちまめこ ニートの日常」より)

「Web上で創作活動を行っているクリエイターに対しても、対面でのコミュニケーションを重視しています。地方在住のクリエイターも多いので、積極的にお会いする機会を作っています。

もちろんWeb上のコミュニケーションでも必要十分を満たすことはできます。それなのに遠方まで直接会いに出かけるというのは、一見、非効率的なことに思えるかもしれません。ただ実は、実際に会って話すことでしか聞けないお話もあり、それが非常に重要な要素であることが多いので、結果的にはこの方法が”効率的”でもあるんです」(ライブドアブログ プロデューサー 宮澤和宏)

 

こうして築き上げた信頼関係は、クリエイターが広告タイアップの制作をする局面でも活きることになります。

 

「多くの読者からの共感を得る人気クリエイターは、やはり他人の内面を考えられる優しさや共感性、気配りがずば抜けていると感じます。読者に喜んでもらいたいという気持ちが作品ににじみでますし、それが多くの人を惹きつけるのだと思います。

その分、”仕事だから”とドライに割り切ってコンテンツを作るクリエイターはいません。だからこそ、広告タイアップを制作する際には、クリエイターが嘘のない、本当に良いと思えるものを紹介するコンテンツを作り上げるために、普段コミュニケーションを取っている我々が間に入るようにしています」(ライブドアブログ プロデューサー 宮澤和宏)

 

クリエイターの優れた作風と、商材の長所が噛み合ったとき、前述のような”ユーザーから愛される”広告タイアップコンテンツが生まれます。この”すりあわせ”の作業を可能にするのが、それぞれのクリエイターを深く理解し、信頼関係で結ばれたプロデューサーの介在なのです。

 

現在、3~4回のリピート出稿をしている数社の広告主からの要望は「クリエイターの良さを消さないコンテンツ制作を」というもの。クリエイターの良さを最大限に生かしたコンテンツが、広告効果を最大化するという結果につながっているからこそのリクエストと言えるでしょう。

クリエイターがタイアップコンテンツの制作を行い、ブログ記事化するメニュー「クリエイターズ・リレーション」について、メニューの詳細が記載された媒体資料や、お問い合わせは下記のリンクからご確認ください。