運用テクニック 2019.04.18

【公式】LINE公式アカウントを無料で開設|主な機能や導入効果まで

LINE公式アカウントは、国内最大のコミュニケーションアプリ「LINE」を通じて、企業や店舗がユーザーとコミュニケーションをとることができるサービスです。本記事では、LINE公式アカウントの基本機能と、活用することで実現可能な集客・販促施策について解説します。

 

LINE公式アカウントの開設前に必要な情報をまとめた公式スタートガイドは、以下のリンクからダウンロードできます。

目次

1-1.  生活のインフラとなっているLINEに情報発信の拠点を持てる

1-2.  LINE公式アカウントとLINE@や従来のサービスとの違い

2-1.  メッセージ機能

2-2.  LINEチャット

2-3.  自動応答機能/キーワード応答機能

2-4.  リッチメッセージ/リッチビデオメッセージ

2-5.  リッチメニュー

2-6.  LINE VOOM(旧タイムライン)

2-7.  ショップカード

2-8.  クーポン・抽選

2-9.   友だち追加広告

2-10.  その他

3-1.  テイクアウト/デリバリーサービスを案内する

3-2.  チャットでのコミュニケーションで成約率UP

3-3.  応答メッセージで問い合わせへの対応工数を削減

3-4.  アプリ連携で予約やデリバリー受付・管理も実現

1.LINE公式アカウントとは?

LINE公式アカウントとは?

LINE公式アカウントは、コミュニケーションアプリ「LINE(ライン)」上で企業や店舗がアカウントをつくり、ユーザーへダイレクトに情報を届けられるサービスです。無料で以下のリンクから開設することができます。


1-1.生活のインフラになっているLINEに情報発信の拠点を持てる

LINEは現在、日本国内で月間8,900万人(2021年6月末時点)以上が利用しているコミュニケーションアプリです。これは、日本の総人口の約70%にあたり、LINEは生活のインフラとして、多くの人々が日常的に使用しているサービスだと言えます。

LINEのMAUとDAU

LINE公式アカウントの最大の魅力は、LINE上で企業や店舗とユーザーが直接コミュニケーションをとれる点で、ユーザー数は年々増加しています。

LINEはこれまで、企業や店舗とユーザーをつなぐサービスを2種類に大別して提供してきました。主に大企業向けのLINE公式アカウントと、中小企業・店舗向けのLINE@(ラインアット)です。それが2019年4月18日から、サービスをシンプルにして多くの企業・店舗が使いやすくなるよう、「LINE公式アカウント」としてサービスを統合しました。新たなLINE公式アカウントの作り方については、下記の記事で詳しく説明しています。

1-2.LINE公式アカウントとLINE@や従来のサービスとの違い

一本化されて新しくなったLINE公式アカウントにはどんな特徴があり、従来のLINE@やLINE公式アカウントと何が違うのか。変更点は下記の通りです。

 

1.誰でも無料でアカウント開設が可能。さらに、無料プランで使える機能も増えた

2.有料プランの料金体系が新しくなり、より使いやすくなった

3.より多くのデータを見られるようになった

1. 誰でも無料でアカウント開設が可能。さらに、無料プランで使える機能も増えた


新しくなったLINE公式アカウントの最も大きな特徴は、誰でも無料でアカウントを開設し、すぐに運用が開始できる点です。従来のLINE公式アカウントは開設するだけで月額料金が発生し、無料で開設できるLINE@は使える機能に制限がありました。


新たなLINE公式アカウントでは、固定の月額制を廃止。さらに、これまでLINE@では使えなかった機能や、有料プランでのみ利用できた通常メッセージよりも効果が高い傾向にある「リッチメッセージ」、トーク画面に常設のメニューを表示できる「リッチメニュー」などの機能が無料で使えるようになりました。費用は安く、活用の幅が格段に広がったことになります。

2.有料プランの料金体系が新しくなり、より使いやすくなった


新たなLINE公式アカウントでは、有料プランのプラン数と料金も見直されました。

LINE@では3つの有料プランが存在していましたが、新たなLINE公式アカウトでは有料プランをライトプラン(5,000円/月)とスタンダードプラン(15,000円/月)の2つに集約。一定数以上のメッセージ配信について、通数分だけ料金が発生する従量課金システムを導入しました。この変更により、有料プランに関しても月額固定費が安くなりました。


さらに、月単位でプランの変更も可能なため、配信数が多い月はスタンダードプラン、配信数が少ない月はライトプランという形で、予算に合わせて柔軟に運用できるようになりました。有料プランについての詳しい情報は、記事後半の「LINE公式アカウントの有料プランについて」で解説しています。

3. より多くのデータを無料で見られるようになった


利用できる機能が増えたことにより、管理画面も新しくなっています。

LINE公式アカウントの管理画面

また、レポート機能に関しても大幅なリニューアルが行われました。以前のLINE公式アカウントやLINE@でも、管理画面から友だちになったユーザーの年齢や性別、地域など、さまざまなデータを見ることができました。

 

新しいLINE公式アカウントの管理画面では、さらに日別でメッセージのクリック数が見られるようになったり、LINE VOOM投稿のインプレッション数(どれだけユーザーの画面に表示されたか)とクリック数が確認できるようになったり、より便利なレポート機能が追加されています。また、メッセージや友だちの情報を集約して閲覧できるダッシュボード機能も追加されました。

2.LINE公式アカウントの基本的な機能について

LINE公式アカウントには、企業・店舗への集客やキャンペーンの実施、ショップカードのデジタル版がつくれるなど、数多くの基本機能があります。以下、代表的な機能を紹介します 。

2-1.メッセージ配信

LINE公式アカウントの最も基本的な機能です。企業・店舗のアカウントを友だちとして追加してくれたユーザーに対し、メッセージを送ることができます。新商品の情報やキャンペーン情報など、ユーザーにとってメリットのあるメッセージを送ることで集客やwebでの商品購入につなげることができます。

 

友だちになってくれたユーザーには新情報を送るたびにプッシュ通知で表示されるため、メールや古いメッセージが下の方に流れていってしまう他のSNSなどに比べても高い開封率が期待できます。

 

メッセージ配信についてさらに詳しい情報はこちら

メッセージ配信のイメージ

2-2.LINEチャット

ユーザーとチャットを行うことができます。LINE@よりも機能が拡充され、複数のユーザーグループとのチャットにも対応しています。ユーザーから問い合わせを受ける、予約を受け付けるなど、電話対応の代わりとしても活用できます 。

LINEチャットについてさらに詳しい情報はコチラ

LINEチャット イメージ

2-3.応答メッセージ/AI応答メッセージ

ユーザーからチャットで送られてきたメッセージに対して、自動で応答する機能が「応答メッセージ」と「AI応答メッセージ」です。接客中や店舗が休みの日でもユーザーを待たせることなく簡易的な対応が可能なため、特に飲食店や美容院、宿泊施設や各種教室などで効果的に利用できます。

「応答メッセージ」とは、ユーザーからメッセージを受信したときに自動で送信されるメッセージのことです。ユーザーから送られたメッセージに含まれる「キーワード」に対して、どのような「内容」を返信するかを管理画面上で設定することができます。

一方、「AI応答メッセージ」は、ユーザーからメッセージを受信したときに、AIが内容を判別して適切なメッセージで返信する機能です。応答メッセージのように、管理画面内で「キーワード」を設定する必要はありません。

詳細な設定方法や活用法などについては、下記の記事をご覧ください。

応答メッセージ

2-4.リッチメッセージ

「リッチメッセージ」は、画像やテキスト情報を1つのビジュアルにまとめ、簡潔でわかりやすく訴求できる機能です。通常のテキストメッセージよりも高い誘導効果が見込めます。

リッチメッセージの詳細はコチラ

リッチメッセージ イメージ

2-5.リッチメニュー

LINE公式アカウントのトーク画面にユーザーが訪れた際、画面下部に大きく開くメニューです。メニュー内をタップすると、外部サイトやクーポン、ショップカードへの誘導や事前に設定したキーワードの送信などを促すことができます。

リッチメニューの詳細はコチラ

リッチメニュー イメージ

2-6.LINE VOOM(旧タイムライン)

LINEのトークリスト以外に、LINE VOOMにも投稿することができます。投稿された情報は、フォロワーがメッセージやLINE VOOM上で「共有」することで、フォロワーになっていないユーザーでも閲覧可能です。友だち数以上の認知拡大が期待できるほか、メッセージ配信とは異なり従量課金の対象にもなりません。

LINE VOOM イメージ

2-7.ショップカード

LINEのトーク画面から使うことができるショップカードが作成できます。紙のショップカード同様、商品購入やサービス利用・来店などでポイントを貯め、商品や割引券と交換することができるようになります。

ショップカードの運用に関する詳しい情報はこちら

LINE公式アカウント ショップカード

2-8.クーポン・抽選

LINE上で使用できるクーポン・抽選が作成できます。作成したクーポンや抽選はメッセージ・LINE VOOMなどで配信・投稿が可能です。

クーポンの運用に関する詳しい情報はこちら

LINE公式アカウント クーポンと抽選

2-9.友だち追加広告

LINE広告で提供している配信機能「友だち追加」を、LINE公式アカウントのWEB版管理画面から簡単に出稿することができます。

※未認証アカウントおよび弊社認定パートナーが開設又は管理しているアカウントは提供対象外となります。


友だち追加広告の設定方法は以下のページで紹介しています。
友だち追加広告の設定方法

友だち追加広告イメージ

友だち追加広告・LINE広告のターゲティング機能や配信方法がわかる資料をご提供しております。是非ダウンロードしてみてください。

2-10.その他

他にも、企業やブランドの基本情報がLINEだけでなくwebでも掲載される「プロフィールページ」、ユーザーの属性別にメッセージを送ることができる「セグメントメッセージ」など、便利な機能が搭載されています。これらの機能を組み合わせて活用していくことで、企業や店舗の課題に合わせた販売促進・集客施策が可能になります。

 

LINE公式アカウントの利用をご希望の方は、以下のページよりアカウントの開設を行ってください。

3.LINE公式アカウントの機能を活用して実現できること

これまで解説してきたように、LINE公式アカウントにはさまざまな機能があり、その活用方法も多岐にわたります。一部にはなりますが、LINE公式アカウントを通して実現できる施策について、代表的なものを実際の事例を交えて紹介します。

3-1.テイクアウト/デリバリーサービスを案内する

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大により、時短・休業を余儀なくされる飲食店が増えていますが、LINE公式アカウントからテイクアウトやデリバリーの案内を告知することで売上をカバーすることもできます。

例えば、埼玉県川越市で2店舗を展開する焼肉店「シンラガーデン」は、約5年前からLINE公式アカウントを活用。新型コロナウイルスの感染が全国的に広がった2020年5月には、メッセージ配信でテイクアウト/デリバリーサービスを告知し、前年比売上の121%を達成しました。

3-2.チャットでのコミュニケーションで成約率UP

友だちが順調に集まれば、売上につながるような有効的な活用も視野に入ってきます。

例えば、株式会社縁蔵ホールディングスが運営する「お部屋探しのハートサポート」では、申し込みから入居までの手続き方法としてLINE公式アカウントを活用。主にチャットでのやり取りで手続きが完結する手軽さがユーザーから好評を博し、2020年1〜7月までの間にLINEを経由した問い合わせから、30〜40件が成約につながっているといいます。

3-3.応答メッセージで問い合わせへの対応工数を削減

LINE公式アカウントにはさまざまな機能が存在しますが、「応答メッセージ」などを活用すれば問い合わせなどへの対応工数を削減することもできます。

例えば、茨城県つくば市でフェイシャルエステや脱毛などのメニューを提供する「ビューティー サロン Be+」では、ユーザーからの問い合わせ対応やキャンペーン情報の拡散などにLINE公式アカウントを活用。以前は施術中にかかってくる電話対応に頭を悩ませていましたが、応答メッセージを使用して工数を削減し、施術に集中できる環境を整えることができました。

3-4.  アプリ連携で予約やデリバリー受付・管理も実現

開設後は無料で使用可能な基本機能以外にも、LINEマーケットプレイスのアプリを連携することでさまざまな機能をLINE公式アカウントに組み込むことができます。

 

開発不要かつ低コストで、予約受付やテイクアウト、デリバリーの注文受付・管理、メッセージ配信の自動化といったさまざまな機能が実現できるアプリが掲載されています。

上記で紹介した事例以外にも、LINE公式アカウントを通してさまざまなことを実現することができます。多様な業種における事例については下記のページをご覧ください。


参考:LINE for Business 事例ページ

4.LINE公式アカウントの有料プランについて

前述の通り、LINE公式アカウントは無料で利用することができますが、友だちが増え、1カ月に1,000通以上のメッセージを送る場合は有料プランに切り替える必要があります。

料金プラン

有料プランのメッセージ配信は、それぞれのプランで定められた無料通数分を超えると、送った分だけ料金がかかる従量課金制です。1通当たりの値段はライトプランで5円、スタンダードプランでは送る通数によって最大3円となっています。

上記図はスタンダードプランにおけるメッセージの合計送付通数と料金例です。有料プランに関しては、運営している企業や店舗の規模や送りたい情報の量によって検討することをお勧めしています。「友だち数」と「月間配信回数」を入力すると、月額費用が算出できる「LINE公式アカウント 通数費用シミュレーター」も用意しています。ご活用ください。


5.LINE公式アカウントを開設するには・・・

誰でも無料で開設できるLINE公式アカウントでは、企業や店舗が抱える課題を解決するための機能、ユーザーとどのようなコミュニケーションをとりたいか、どれだけ情報を送りたいかというニーズに応えるプランを多数備えています。

LINE公式アカウントは以下のページからオンライン上で開設することができます

 

これからLINE公式アカウントの開設をご検討される方へ、料金や機能、開設方法や活用方法などをまとめた資料を提供しています。以下よりダウンロードしてください。

LINE for Businessの各種アカウントからコラムやイベントなど 役立つ最新情報を発信していますのでぜひご登録ください!

この情報は役に立ちましたか?