運用テクニック 2019.04.25

LINE公式アカウントの友だちを増やすには?5つの方法と事例解説

LINE公式アカウントの開設後、まず取り組むべきことは「友だちの数を増やすこと」です。安定的なサービス利用、商品購買が期待できる友だちの数が増えるほど、ビジネス拡大のチャンスが見えてきます。本記事では、友だちの数を増やすための具体的な方法を紹介していきます。

 

友達を増やすコツをまとめた資料は、下記のリンクよりダウンロードできます。

目次

    5-1.店頭POPや掲示物による告知、スタッフからの声がけ

    5-2.Webサイト・メルマガで登録を促進

    5-3.友だち登録キャンペーンの実施

    5-4. 友だちに対するインセンティブの充実

    5-5.LINE Ads Platformの活用

LINE公式アカウントの「友だち」とは

LINE公式アカウントの友達

LINE公式アカウントに登録してくれたユーザーを「友だち」と呼び、企業や店舗はLINE公式アカウントを通じ、友だちに対してダイレクトに情報を届けることができます。基本的にサービスや店舗について既に認知している、もしくは利用・来店したことがあるユーザーが友だちとして登録しているケースが多く、行動喚起につながりやすいため、一人でも多くの友だちを獲得することが重要です

友だちを集めてできること

LINE公式アカウントには、友だちとして登録してくれたユーザーとの距離を縮めるための、さまざまなコミュニケーション機能が実装されています。2019年4月18日から新しくなったLINE公式アカウントでは、旧LINE@(ラインアット)に比べて無料で使える機能の幅が広がり、より多くの施策を実施することができるようになりました。

LINE 公式アカウントの大きな強みは、配信したメッセージが友だちのトーク画面に直接届き、ポップアップなどで通知されることです。一般的なSNSでは配信・投稿に気付いてもらえず埋もれてしまうこともありますが、LINE公式アカウントは情報伝達力が高く、ユーザーの反応にも期待できます。

LINE公式アカウントと友だちになって実感したこと

 

出典:マクロミル社・インターネット調査(2019年1月実施/全国15~69歳のLINEユーザーを対象 サンプル数2,060)

 

 

以下、LINE公式アカウントで友だちを獲得していくことで、どんな課題が解決できるのかを紹介します。

 

リピーターの創出

LINE公式アカウントは「見込み客・リピーター」とのつながりを強めることに最適なツールです。来店時やホームページから友だち追加を行ってくれたユーザーに、メッセージの送信、ショップカード機能などを活用してもらうことで、再来店を促すことができます。

LINE公式アカウント ショップカード機能

クーポンやキャンペーンを通して集客・購入単価UP

友だちがある程度集まってくると、クーポンやキャンペーンを活用して売上をアップさせるような施策も可能になります。友だちが多ければ多いほど、1度のキャンペーンでより多くの参加が見込めるようになり、結果的に売上のアップにつながります。

LINE公式アカウント クーポン機能

口コミ効果を活用した情報の拡散

LINE公式アカウントの友だちが増えれば、それだけタイムラインなどで情報を伝達してくれるユーザーが増加することになります。多くの友だちを獲得し、お得なクーポンや情報を配信し続けることができれば、友だちになっているユーザーを介して企業や店舗の情報が更に多くの人に拡散される可能性が広がります

友だちを増やす前に確認すること

友だちを増やす前に確認すること

友だちを増やす施策を開始する前に、アカウントの状態を確認しましょう。アカウントの認証やプレミアムIDの設定を行うことで、よりスムーズな友だち獲得が可能になります。

認証済アカウントと未認証アカウントの違い

LINE公式アカウントには、「認証済アカウント」と「未認証アカウント」があります。認証済アカウントとは、LINEが実施する審査を通過したアカウントです。アカウントバッジが付与されLINEアプリ内で検索が可能になるため、「未認証アカウント」よりも友だちを増やすには有利になります。

認証済アカウントでできること

認証済アカウントでは請求書決済が可能になり、月々のお支払いが便利になるほか、販促用ポスターなど便利なグッズをダウンロードすることもできます。ビジネス目的でLINE公式アカウントの運用を考えている場合、「未認証アカウント」ではなく「認証済アカウント」を申請しましょう。(※アカウントの認証には審査があります。そのため、申請を頂いてから認証完了までお時間をいただきます。)

未認証アカウントでも、LINE 公式アカウントの有料プランへの変更や後述するプレミアムIDの購入は可能です。

認証済アカウント

プレミアムIDについて

LINE公式アカウントを取得するとIDが付与されます。このIDには「ベーシックID」と「プレミアムID」があります。開設時に自動で発行される英数字がランダムに羅列したIDが「ベーシックID」です。LINE内ではIDによってアカウントを検索できますが、プレミアムIDはIDを希望の文字列に変更することができます

LINE公式アカウントのID

プレミアムIDのメリット

プレミアムIDを利用すると、4文字〜18文字の半角英数字と3種類の記号を組み合わせた、希望するIDを取得できます。たとえば、自社名や代表的なサービスをIDにすることができるので覚えやすく、ユーザーも検索しやすいというメリットがあります。

LINE公式アカウント プレミアムID

プレミアムIDは月額100円(年間1,200円)で設定できます。友だち獲得を開始する前に一度、IDの整備を検討することをお勧めします。更に詳しい情報はコチラから確認できます。

友だちは何人ぐらい集めればいいのか?

友だちは何人ぐらい集めればいいのか?

自社サービスや店舗の情報を知ってもらって目標を達成するためには、具体的に何人くらいのユーザーに友だち登録をしてもらえればいいのか、その算出方法を紹介します。

売上見込みを算出する

たとえば飲食店が、1回のメッセージ配信でどのくらいの売上が見込めるかは、次の数式で導き出すことができます。

 

「友だち数×来店率×1組あたりの人数×客単価=売上見込み」

売上見込みの算出方法の式

仮に友だち数が100人、来店率が10%、来客1組あたりの人数が4人、客単価が3,000円だとすれば、1回のメッセージ配信に対する売上見込みは120,000円と推測できます。

目標売上を設定する

上記の数式の中で、来客1組あたりの人数や客単価を変えることは容易ではありません。そのため、友だち数を増やすことが売上目標達成の鍵になると考えられます。例えば、目標売上を600,000円にした場合、客単価や1組あたりの人数に変動がないと仮定すると、必要な友だち数は500人ということになります。

友だちが増えても配信作業は同じ

LINE公式アカウントのようなデジタルツールの場合、数に応じて費用負担がのしかかる郵便や電話などと異なり、配信数の多さは作業量に影響しません。少し高めの目標を設定し、より多くの友だちを集めましょう。

【事例】友だちを増やす5つの方法

LINE公式アカウントの効果を最大限活用するためには、配信するメッセージを受け取ってくれる「友だち」を増やす必要があります。目標人数を算出したら、店舗やウェブサイト、メルマガ、SNSなどを積極的に活用し、友だちを増やしていきましょう。


友だちを増やす具体的な方法には、次の5つがあります。


1. 店頭POPや掲示物による告知とスタッフからの声がけ

2. Webサイト・メルマガで登録を促す

3. 友だち登録キャンペーンを実施

4. 友だち登録後に充実したインセンティブを付与する

5. LINE Ads Platformを活用する


それぞれの方法を事例とともに解説します。

店頭POPや掲示物による告知とスタッフからの声がけ

LINE公式アカウントのIDや「友だち追加用QRコード」を印刷したポスターを店内に掲出したり、チラシやパンフレットを用意しておき、店舗スタッフが来店したユーザーに直接声をかけて登録を促す方法です。地道ですが、最も確実に効果が出る方法です。

 

埼玉県のカー用品店では、友だち追加数の目標を平日は25人、休日は50人に設定。接客の際の声がけはもちろん、レジでお金を置くトレーやスタッフのネームプレートや名刺にも友だち追加のQRコードを貼りました。その結果、1店舗で24,000人以上の友だちを獲得しています。

Webサイト・メルマガで登録を促す

自社サイトやブログに「友だち追加ボタン」または「QRコード」を設置し、友だち登録を促します。その際、友だちになった場合のメリットを訴求することを忘れずに。また、メルマガは友だち追加ボタンが設置できないので「友だち追加URL」を記載します。

LINE for Business 友だち追加コンポーネント

 

例:当webページの友だち登録QRコード

 

 

「友だち追加ボタン」をWebサイトに追加する方法

「友だち追加ボタン」や「友だち追加URL」は、アカウントの管理画面から取得可能です。管理画面の「友だちを増やす」を選べば、すぐに取得することができます。

友だちを増やす URL取得画面

管理画面の詳しい操作方法はこちらを参照してください。


LINE公式アカウントマニュアル:友だち追加用のURLを確認する

友だち登録キャンペーンを実施

「友だち登録した画面を見せればお会計が10%オフになる」など、友だち登録をしてくれたユーザーに、その場でインセンティブを付与する方法です。メリットがわかりやすいので、登録促進に効果的です。

 

都内の飲食店の事例では、友だち登録をしてくれたユーザーに、その場でローストビーフをプレゼントしています。お店のホームページやグルメサイトでも告知をしているので、それを見て登録するユーザーや、お店でローストビーフを勧めながら友だち登録を促すこともあります。

友だち登録後に充実したインセンティブを付与する

友だち登録することでもらえるクーポンやインセンティブはもちろん重要ですが、すでに友だちになっているユーザーに対しても、友だちになったからこそ得られる特典やお得な情報を提供することも重要です。「あの店のLINE公式アカウントを友だち登録しておくと、1カ月に1回クーポンがもらえる」、「友だちになっておくとお得な情報をいち早く知ることができる」などの口コミも、友だちを増やす重要な要素になるからです。

 

佐賀県のカラオケ店では、LINE公式アカウントの友だちに対して、タイムライン上で友だちに共有可能なクーポンを配信しました。その結果、同店の友だち以外にもクーポンが拡散し、友だちが増えていきました。お店のスタッフではなく、実際の顧客である友人から情報を得ることで、スムーズかつ効率的な友だち獲得が実現しているといいます。

LINE Ads Platformを活用する

一歩踏み込んだ施策ですが、LINEが提供する運用型広告プラットフォーム「LINE Ads Platform」に出稿し、友だち登録を促すという手法もあります。広告出稿のためのコストは発生しますが、少額から出稿が可能です。お店での声がけや口コミよりも短時間で多くの友だちを集めることができます。また、今までのプロモーションルートでは出会えなかった新規のユーザーにもリーチできることがこの施策の強みと言えます。

 

例えば、九州最大級のアウトレットモールでは、広告経由で友だち登録をすると500円分のお買い物券がもらえるという、「LINE Ads Platform」を活用したキャンペーンを行いました。その結果、2日間で3,500人の友だち登録に成功しました。

LINE 公式アカウントを開設後、友だちを集めることは1回の配信の効果を最大化するためにも非常に重要なステップです。上記で解説した方法を組み合わせて、業態や商材、店舗に合った方法で、末永くリピーターとなってくれる友だちの数を増やしていきましょう。


LINE公式アカウントについて更に詳しく知りたい場合は、こちらの資料をDLしてください。