運用テクニック 2019.05.29

【LINEリサーチ】ライトコース新機能『ターゲット オプション』で効率的にアプローチ

モニター数、若年層へのリーチ力、回収率の高さが好評のLINEリサーチ。9,800円から実施できる「ライトコース」にさらに「ターゲット オプション」登場。

新機能『ターゲット オプション』の活用方法

「ターゲット オプション」とは?

コストを抑えつつ、短期間でLINEアンケートを実施・回収できる「ライトコース」に新たな機能が追加されました。

今回追加された「ターゲット オプション」は、条件を設定することで、特定のターゲットにアプローチすることができます。

 

例)高校生/大学生 男性にアンケートを実施したい場合

ターゲットオプションでアプローチが可能

 

これまで、性別/年代などの指定は可能でしたが、学生区分や職種については絞り込むための質問を入れる必要がありました。しかし、「ターゲット オプション」を用いれば、絞り込むための余計な質問は省くことができます。

どんな配信ができるようになるの?

基本属性(性別、年齢など)以外に、調査ニーズの高い5つのカテゴリー条件を設定することができます。

設定可能なターゲット

 

回答してもらいたい対象者の条件がこのカテゴリーに該当すれば、事前調査の手間なく効率的にターゲットにアンケート実施が可能です。

「ターゲット オプション」を利用した調査には、無料のライトコースアカウント登録が必要です。登録後ライトコースにログインすることで、オプションを選択してご利用いただくことができます。

こんな調査に活用できます

首都圏在住の20代の飲酒「家飲み」の実態を把握したい

● 質問例

質問例

 

● 配信例

 ・地域指定:東京都,神奈川県,埼玉県,千葉県

 ・基本属性指定:20代男女

 ・ターゲット オプション:飲酒

 ・サンプル数:300

 ・質問数:3問

 

● 料金例

 100,000円(税抜)

関西在住の女子高生の「プチプラコスメ」利用実態を把握したい

● 質問例

質問例

 

● 配信例

 ・地域指定:大阪府,京都府,兵庫県,滋賀県

  奈良県,和歌山県

 ・基本属性指定:10代女

 ・ターゲット オプション:学生区分

 ・サンプル数:1000

 ・質問数:9問

 

● 料金例

 266,500円(税抜)

  • 「ターゲット オプション」のご利用時には、ライトコース基本料金に加えて別途オプション料金が加算されます。

ターゲット オプションのカテゴリーと項目は?

LINEリサーチは若年層のモニターが多いことが特長の一つです。この特長を最大限に活用できる高校生や大学生などの「学生区分」を準備したほか、「職種」「飲酒」「たばこ」「ペット」の5つのカテゴリーを提供します。

学生区分学生区分

●高校生・高専生

●大学生・大学院生・短大生・専門学校生

職種職種

●営業

●企画・事務・デザイン

●販売・サービス

●専門職

●技術・開発・研究

●建築・施設・配送

●会社員その他

自宅で飲酒自宅で飲酒

●毎日

●週に1回以上毎日未満

●月に1回以上週に1回未満

たばこたばこ

●たばこを吸う

●加熱式/電子たばこを吸う

●両方吸わない

飼っているペット飼っているペット

●犬

●猫

●その他

●ペットを何も飼っていない

.

 

「ターゲット オプション」で選択できる項目は今後さらに追加予定!

 

ターゲット オプションを利用してアンケートするには

無料で取得できるLINEリサーチのライトコースアカウントが必要です。

LINEリサーチのライトコースは従来のセルフアンケートとは異なり、LINEの担当スタッフが画面作成、配信を担当するため、初めての方でも簡単にご利用いただけます。