運用テクニック 2020.04.06

LINE公式アカウントからできる「友だち追加広告」活用のコツ

「友だち追加広告」は、効率的にLINE公式アカウントの友だちを集める方法の一つです。配信前の準備として重要なプロフィール設定、友だち獲得後のユーザーへのアプローチ方法など、「友だち追加広告」の活用法について紹介します。

目次

1-1.「友だち追加広告」活用のメリット

1-2.「友だち追加広告」の広告配信面

1-3.「友だち追加広告」の料金システム

1-4.クリエイティブと審査

2-1.プロフィール設定

2-2.あいさつメッセージ

3-1.セグメント配信

3-2.シンプルQ&A

3-3.リッチメッセージ

3-4.カードタイプメッセージ

1. LINE公式アカウントからできる「友だち追加広告」とは

「友だち追加広告」とは、LINE公式アカウントの友だちを獲得するための広告です。2019年11月から、LINE公式アカウントのWeb版管理画面(Official Account Manager)から簡単に「友だち追加広告」が出稿できるようになりました。

「友だち追加広告」の配信方法については、下記をご確認ください。

1-1.「友だち追加広告」活用のメリット

「友だち追加広告」の活用には、次のようなメリットがあります。

メリット1:低予算から柔軟に運用ができる

「友だち追加広告」の料金システムは、友だち追加された時のみ費用が発生する従量課金制です。1万円から出稿が可能で、予算や目標の友だち数に合わせて柔軟な運用ができます。

メリット2:新規の見込み客が獲得できる

広告で獲得した友だちは、サービスや店舗に興味がある「見込み客」です。友だちとなった後もメッセージやクーポンの配信など継続してコミュニケーションをとることで、集客や購買へつなげることができます。

1-2. 「友だち追加広告」の広告配信面

これまで、「友だち追加広告」の配信面は「タイムライン」と「LINE NEWS」の2種類でしたが、2020年2月からはLINEのトークリストの最上部に表示される「Smart Channel」が加わりました。

 

※「友だち追加広告」の利用にあたって特定の広告配信面をお選びいただくことはできません。

1-3.「友だち追加広告」の料金システム

「友だち追加広告」は、獲得した友だちに応じて料金が発生する従量課金制の料金システムです。

 

LINE公式アカウントのWeb版管理画面では、広告を表示したいターゲットや予算に合わせた配信先と予算の設定が行えます。まずは広告を配信したいターゲットを選定し、予算を入力してシミュレーションしてみましょう。

「友だち追加広告」の詳しい設定方法は管理画面マニュアルをご覧ください。

1-4.審査

「友だち追加広告」の配信に当たってはLINEによる審査が必要となり、審査で承認されると自動で広告の配信が開始されます。広告とクリエイティブ審査の基本ルールに関しての詳細は、下記の記事をご覧ください。

2.「友だち追加広告」を始める前の準備

友だちになったばかりのユーザーは、そのLINE公式アカウントでどのようなことができて、どのような情報が配信されるか理解していません。友だち追加広告を配信する前に、LINE公式アカウントの設定を見直し、どのようなアカウントであるかを伝えることが重要です。

2-1.プロフィール設定

LINE公式アカウントの“顔”となる「プロフィール」を確認しましょう。ユーザーがLINE公式アカウントを友だち追加する過程で、必ず確認するのがプロフィールです。

 

プロフィールでは、ステータスメッセージや営業時間、住所といった基本情報のほか、WebサイトのURLや電話番号などの問い合わせ先を表示することができます。また、動画や画像を活用したサービス訴求、クーポンなどのお得な情報を設定しておくことで、購買や来店の動機につながります。

2-2.あいさつメッセージ

「あいさつメッセージ」は、ユーザーがLINE公式アカウントを友だち追加した際、自動的に送られるメッセージです。あいさつメッセージは友だちへの最初のコミュニケーションで、ユーザーが今後、LINE公式アカウントと継続的に友だちになるかどうかの重要な決め手になります。

 

初期設定ではデフォルトのあいさつメッセージが入力されていますが、どのようなアカウントなのか、ユーザーに分かりやすい内容に変更しましょう。

例えば、まずは友だちになってくれたことへのお礼や、どのようなメッセージが配信されるかなど、紹介文の登録がおすすめです。

 

あいさつメッセージの設定方法は管理画面マニュアルをご覧ください。

3. 友だち獲得後に活用したいメッセージ機能

友だちを獲得した後は、LINE公式アカウントの機能を活用してユーザーにメッセージを送ってみましょう。ただ、配信方法や内容によっては、伝えたい情報をうまく伝えられないことがあります。そんな時に活用できる、LINE公式アカウントのおすすめ機能を紹介します。

3-1.セグメント配信

友だちとのコミュニケーションの基本となるメッセージは、ユーザー全員へ送る一斉配信と、性別や友だち、期間などで絞り込みをかけるセグメント配信(絞り込み配信)の2種類があります。

※友だちの属性(性別や年齢など)で配信の絞り込みを行うにはターゲットリーチ(性別、年代、エリアでのターゲティングメッセージの送信対象となる友だち)が100人以上必要です。

 

例えば、キャンペーンなどのターゲットに合わせてセグメント配信を活用し、新しく友だちになったユーザーに初回限定のクーポンを送ることで、サービス利用や来店を促すことができます。

 

セグメント配信の設定は管理画面マニュアルをご覧ください。また、クーポンの効果や配信方法、基本的な使い方を知りたい方はこちらをご覧ください。

3-2.AI応答メッセージ

LINE公式アカウントにはメッセージ配信だけでなく、友だちと1対1でコミュニケーションがとれる「LINEチャット(旧LINE@の1:1トーク)」という機能があります。

 

LINEチャットはユーザーと直接対話ができる便利な機能ですが、営業時間外や接客中の場合は対応が遅れてしまったり、友だちが増えてくると対応に時間がかかってしまったりする場合もあります。そんな時に活用できるのが、ユーザーからのメッセージに対してAIが自動で応答する「AI応答メッセージ」です。

 

「AI応答メッセージ」は、ユーザーからメッセージを受信したときに、AIが内容を判別して適切なメッセージで返信する機能です。簡単な質問にはAIを使って自動で回答し、難しい質問の場合には有人対応に切り替えてチャットで回答するなどの使い分けも可能です。

AI応答メッセージの詳細な設定を知りたい方は、こちらをご覧ください。

3-3.リッチメッセージ

リッチメッセージは、画像や動画を活用して視覚的に訴求するメッセージ配信機能の一つです。テキストのみのメッセージよりも商品やサービスの魅力を伝えやすいという特長があります。リッチメッセージは画像にリンクが設定できるため、商品ページやキャンペーンページなどへ誘導することもできます。

 

※LINE公式アカウントの全アカウントタイプ・料金プランで使用できます。

リッチメッセージの特長や作成方法を知りたい方は、こちらをご覧ください。

3-4.カードタイプメッセージ

「カードタイプメッセージ」は、カルーセル形式で情報を整理して配信できるメッセージフォーマットで、2つ以上の商品やサービスを見やすく紹介したい場合、比較検討をさせたい場合などに効果的です。

 

初めて友だちになったユーザーへの「あいさつメッセージ」や自動応答での問い合わせ対応などと組み合わせてサービスを紹介するといった活用もおすすめです。

カードタイプメッセージの活用例について知りたい方は、こちらをご覧ください。

4.友だちの数に合わせてプランを見直そう

友だちを獲得した後、LINE公式アカウントの活用をする時に注意したいのが料金プランです。LINE公式アカウントの料金プランには、月額固定費無料のフリープラン、月額5,000円(税別)のライトプラン、月額15,000円(税別)のスタンダードプランの3種類が用意されています。

 

友だちが増えて1カ月に1,000通以上のメッセージを送るためには、有料プラン(ライトプラン、スタンダードプラン)を申し込む必要があります。

友だちを獲得して月に送りたいメッセージ数などが見えてきたら「LINE公式アカウント 通数費用シミュレーター」を活用してみましょう。友だち数とメッセージ配信回数の想定値を入力すると、おすすめの料金プランが表示されます。

 

予算や目的に合わせて「友だち追加広告」を活用し、一人でも多くの友だちを獲得しましょう。「友だちの集め方」についてさらに詳しく知りたい方は、無料でダウンロードができる下記の資料をご覧ください。

関連タグ:
#LINE公式アカウント