メインコンテンツに移動
2021.07.15 更新

絞り込み配信について

配信先の「絞り込み」設定を行います。

配信先を指定することでメッセージ効果を高めることが可能になります。

配信先は「オーディエンス」「過去の配信」「属性(フィルター)」を指定することができます。

 

オーディエンスを設定する

  1. 作成したオーディエンスを配信先として設定します。

    オーディエンスの作成方法はこちら

    配信先「絞り込み」を選択し、「オーディエンス」をクリック。

    オーディエンスはメッセージ一つに10個まで追加が可能です。

    ※オーディエンス設定時はタイムラインの同時配信とA/Bテストは利用できません。

     

    audience

     

  2. 選択可能なオーディエンスごとに「含める」「除外する」を選択します。 選択中の状態をもう一度クリックをすると選択を解除します。※選択中はグレーで表示されます

    オーディエンス設定

過去の配信を指定する

 

過去に配信されたメッセージの配信対象のユーザーに対し、再度配信ができます。

※認証済以上のLINE公式アカウントで利用できます

 

  1. 配信先「絞り込み」を選択し、「オーディエンス・過去の配信」をクリックします。

    retargeting

  2. 「過去の配信」を選択します。

配信に利用可能なメッセージが表示されます。

※過去に配信された「絞り込み」や「A/Bテスト」を設定したメッセージのみが選択できます

※2021/7/21までは、配信に利用可能な過去の配信のみが選択可能です。
2021/7/22以降は、配信完了から2週間以内の配信が選択可能です。

 

retargeting

 

 

3.    「含める」「除外する」を選択します。 選択中の状態をもう一度クリックをすると選択を解除します。※選択中はグレーで表示されます

retargeting

 

 

 

 

属性(フィルター)を追加する

  1. 配信先を属性で絞り込みます。

    配信先「絞り込み」を選択し、「+フィルターを追加」をクリック。

    ※属性で絞り込むには、ターゲットリーチ数が100人以上必要です。

     属性情報は3日前の属性情報を元に絞込みます。

     

    filter

     

  2. 選択する項目をプルダウンで選択、配信する属性をチェックし、「設定」をクリックします。 フィルターは複数設定が可能です。

     

    フィルター

     

※配信設定時に表示される推定配信数は概算値です。実際に配信されたセグメント内容と人数は、配信履歴で確認可能です。

※特に属性の指定をしない場合、属性が「不明」になっているユーザー含め全員に配信されます。

※絞り込み配信をするには、選択後の推計対象ユーザーが50人以上にならないとご実施いただけません。

属性で絞り込みをして配信する

配信先を「属性で絞り込み」に選択すると

メッセージを配信する属性の設定が可能です。

配信先の属性を指定し、その属性にあったメッセージを配信することでメッセージ効果を高めることが可能になります。

属性は複数選択が可能です。

 

属性を絞り込み

 

 

※配信設定時に表示される推定配信数は概算値です。実際に配信されたセグメント内容と人数は、配信履歴で確認可能です。

※特に属性の指定をしない場合、属性が「不明」になっているユーザー含め全員に配信されます。

※属性しぼりこみ配信をするには、選択後の推計対象ユーザーが50人以上にならないとご実施いただけません。

※属性で絞り込むには、ターゲットリーチ数が100人以上必要です。属性情報は3日前の属性情報を元に絞込みます。

 



この情報は役に立ちましたか?