メインコンテンツに移動
2019.10.4 更新

チャット

チャットを利用するにはチャットモードにする必要があります。

チャットモードへ変更するにはこちらをご確認ください。

チャットモードに変更後は、ユーザーからメッセージが届いた場合にのみ、チャットが可能になります。

 

チャットの利用画面は、「チャットリスト」「チャットルーム」「ユーザープロフィール」「設定」で構成されています。

 

 

基本画面

 

 



番号 説明

送信方法や営業時間などチャットに関する設定に遷移します。

設定は「チャット」「タグ」「定型文」のタブで構成されます。

 

設定について

 

チャットの状態により表示が選択できます。

選択に応じて該当のチャットのみチャットリストに表示されます。

チャットルームのあるチャットのリストです。
未読のメッセージがある場合は緑のマークが表示されます。

リストから選択したユーザーとのチャットルームです。

メッセージの確認及び送信が可能です。

チャットルーム下の入力フォームで、ユーザーへのメッセージを入力します。
キーボードの「Enter」をクリックするとユーザーにメッセージが配信されます。

「+」を選択すると登録した定型文が選択できます。定型文の登録は設定から可能です。

ふきだしの背景色でユーザーの区別ができます。

 

BeginChats -image03.png BeginChats -image04.png  BeginChats -image05.png

 

チャットルームのユーザープロフィールが表示されます。

ユーザーネームです。えんぴつマークをクリックすると名前の変更が可能です。

変更はユーザーには表示されません。
グループチャットの場合、名前の変更はできずユーザーネーム欄の下にグループチャットのメンバーのアイコンが表示されます。

このユーザーにつけているタグを表示(1人最大10個まで) します。
タグをクリックすると、このタグをつけたチャットルームが検索可能になります。
えんぴつマークをクリックするとタグの追加編集を行います。
※タグの作成は最大200個までとなります。
ユーザーに追加したノートが表示されます。ノートは「+」をクリックすると編集が可能です。保存後は鉛筆マークをクリックで再編集、ごみ箱マークをクリックするとノートが削除されます。

クリックすると「スパムに設定」「チャット履歴をダウンロード」「退出(退会)」「チャットを削除」が選択できます。
「スパムに設定」をクリックするとスパムに設定できます。スパム設定後は「スパム」フォルダへ格納されます。

※テキストやスタンプのチャット保存期間は最長1年(2019年4月18日以降のチャット履歴)、

画像やビデオなどのコンテンツメッセージは2週間、ファイルは1週間です。

チャットを「対応済み」に振り分けることが可能です。
「対応済み」ボタンをクリックすると、該当チャットルームのステータスが「対応済み」に切り替わります。チャットルームは「対応済み」のチャットリストに振り分けられます。
チャットを「要対応」に振り分けることがします。
ボタンをクリックすると、該当トークルームのステータスを要対応に切り替わります。
チャットルームは「要対応」のチャットリストに振り分けられます。