メインコンテンツに移動
2021.12.02 更新

LINE Dynamic Adsを利用する

LINE Dynamic Adsの利用方法については以下をご確認ください。

LINE Dynamic Adsとは

ユーザーの商品の閲覧履歴に基づき、興味がありそうな特定商品を広告表示します。

そのため、ユーザーひとりひとりに向けた配信最適化が可能です。また、商品ごとに遷移先を設定できるため、より効率的に再来訪や購入を促進できます。

実施条件について

商品点数が10点未満の場合はご実施頂けませんのでご注意ください。

またLINE広告審査ガイドラインに抵触する場合、いかなる理由でもご実施頂くことはできません。

配信面ごとのフォーマット

配信面ごとに配信フォーマットが異なりますので、下記よりご確認ください。なお配信面の指定はできません。

※キャプチャ画像はイメージです
※サイズに満たない部分は白抜きで表示されます。
※掲出している配信面以外に新たに面が追加されることがあります

オーディエンス配信

以下のオーディエンスを利用することができます。

なお、設定方法や仕様は通常のLINE広告と同様です。詳細は管理画面マニュアルをご参照ください。

 

実施までのフロー

以下の手順でご出稿いただけます。オンラインクライアント向けのお申し込みフォームは以下となります。

上記はオンラインクライアントのフローとなります。

オフラインクライアントの場合、お申し込みフォームの入力は不要です。キャンペーン作成画面にて商品フィードから販売を選択してください。

オンラインクライアントとオフラインクライアントの違いについてはこちらをご確認ください

LINE Dynamic Ads イベントコード

ご出稿の際はLINE Tagに以下のイベントコードを追記いただく必要があります。なお、公式アカウントから共有されたLINE Tagでは実施いただけませんので、LINE広告の管理画面から発行したLINE Tagをご利用ください。

ベースコード
全てのページに設置してください。ベースコードはサイトの<head>~</head>内に設置するか、タグマネージャーを利用して設置してください。

管理画面「トラッキング(LINE Tag)」から取得可能です。詳細はこちらをご覧下さい。

イベントコード
検索結果ページ・カテゴリページ(dpa_search)
検索結果ページや、カテゴリページ(商品がリスト表示されるようなページ)に設置し、上位3つの商品IDを${PRODUCT_ID1}箇所に動的に取得するよう設定してください。PRODUCT_IDに指定する商品のIDは、商品のカタログにある商品IDと同じにする必要があります。

<script>
_lt('send', 'cv', {

type: 'dpa_search',

itemIds: ['${PRODUCT_ID1} ', '${PRODUCT_ID2} ', '${PRODUCT_ID3} ']},

{ dpa: true },

['xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx']);

</script>

イベントコード
商品詳細ページ(dpa_detail)
ベースコードとセットで設置してください。ユーザーが閲覧した商品IDを${PRODUCT_ID1}箇所に動的に取得するよう設定してください。PRODUCT_IDに指定する商品のIDは、商品のカタログにある商品IDと同じにする必要があります。

<script>

_lt('send', 'cv', {

type: 'dpa_detail',

itemIds: ['${PRODUCT_ID1} ']},

{ dpa: true },

['xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx']);

</script>

イベントコード
カートページ(dpa_cart)
ベースコードとセットで設置してください。ユーザーがカートに追加した商品IDを${PRODUCT_ID1}箇所に動的に取得するよう設定してください。PRODUCT_IDに指定する商品のIDは、商品のカタログにある商品IDと同じにする必要があります。

<script>

_lt('send', 'cv', {

type: 'dpa_cart',

itemIds: ['${PRODUCT_ID1} ', '${PRODUCT_ID2} ', '${PRODUCT_ID3} ']},

{ dpa: true },

['xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx']);

</script>

イベントコード
コンバージョンページ(conversion)
ベースコードとセットで設置してください。ユーザーがコンバージョンした商品IDを${PRODUCT_ID1}箇所に動的に取得するよう設定してください。PRODUCT_IDに指定する商品のIDは、商品のカタログにある商品IDと同じにする必要があります。

<script>

_lt('send', 'cv', {

type: 'Conversion',

itemIds: ['${PRODUCT_ID1} ', '${PRODUCT_ID2} ', '${PRODUCT_ID3} ']},

{ dpa: true },

['xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx']);

</script>

  • ‘xxxxxxxx­xxxx­xxxx­xxxx­xxxxxxxxxxxx’ の部分はベースコード内に記載されている「TagID」をコピーして貼り付けてください。

商品フィードについて

商品フィードの仕様書

商品フィードは仕様書に沿って作成をお願いします。仕様書はこちらからダウンロードしてください。

商品フィードの登録方法

      1. トップページの [広告アカウント] タブで、LINE Dynamic Adsを配信したい広告アカウント名をクリックします。

  1. 広告マネージャー画面左上の [≡] > [共通ライブラリ] の [商品カタログ] をクリックします。

  2. 設定タブを開き、各項目を記載し、保存をクリックします。

    業種

    対象業種を選択します。一度設定すると変更できません。

    eコマース・通販、人材、不動産、ホテル・ツアー、航空券の5種類を用意しておりますが、これらに当てはまらない場合は、eコマース・通販を選択してください。

     

    ファイルURL

    作成した商品フィードが保存されているURLを記入してください。

     

    フォーマット

    Facebook・Google・Criteoのフォーマットを利用することも可能です。対応業種はeコマース・通販(その他)のみとなります。

    なお、LINE以外のフォーマットを利用する場合でも、テンプレートのヘッダーの値(カラム)は削除しないでください。エラーとなります。

     

    ID・パスワード

    保護されているURLのログインID・パスワードを入力してください。

     

    ボタン

    プルダウンよりふさわしい訴求文言を選択してください。

商品フィードの上限

登録できるフォードの容量上限は以下の通りです。

CSV TSV(Single Fileの場合)

ファイル容量上限:8GB

商品点数(行) :300万点(300万行)

JSON(Multiple Filesの場合)

ファイル容量上限:合計24GB
※複数ファイルのアップロード可(上限約100ファイルまで)

商品点数(行) :合計1,000万点(1,000万行)
 

  • 容量が8GBを超える場合、ファイルを分割してJSONフォーマットでアップロードしてください。

  • 容量が大きい場合、読み込みにお時間がかかる場合がございます。

  • JSON形式でのアップロード方法の詳細は、フィード仕様書をご参照ください。

フィード作成/登録時の注意事項

フィードテンプレートのヘッダーの値(カラム)は削除しないでください。エラーとなります。

必須項目は必ず入力してください。必須項目が空欄の場合は、エラーとなります。

任意項目は空欄でも配信は可能です。配信ロジックに影響はありません。

特殊文字、改行は使用できません。

Port番号はFTPの場合「21」、SFTPの場合は「22」を指定してください。

Imageの上限容量は5MBです。

秘密鍵には対応していません。(フィードの読み込みエラーとなります)

フィード登録後、エラーとなった場合は管理画面からエラーファイルをダウンロードして修正してください。

フィードの入力項目の詳細は、テンプレート内の説明文、もしくは、フィード仕様書をご参照ください。

対応しているプロトコルは、FTP、SFTPです。(http、httpsには対応していません)

App Dynamic

概要

Appを利用したDynamic Adsの配信も可能です。まずは、通常のLINE広告と同様に管理画面からアプリ登録を行い、発行されたIDと広告アカウントのIDをSDK管理画面で設定してください。連携可能なSDKやIDの確認方法はこちらをご覧ください。

設定方法

広告グループにて利用するアプリを選択します。

アプリを選択すると、遷移先が商品フィード内の“link”ではなく ”ios/android url”になります。

 

app event一覧

※デフォルトの必須項目は割愛

※Web Dynamic同様【view_item】【add_to_cart】【purchase】にItemIDの連携は必須です。

App Event 設定例

Post Backに関する注意点

ItemIDが正しく連携できていない場合の挙動は SDKによって異なりますのでご注意ください。


LINE広告 サポートBOT

LINE広告に関する質問に自動で回答するアカウントです。友だち登録をして、トークで質問を行ってください。

LINE広告
LINE広告