メインコンテンツに移動
お知らせ 2020.01.20

審査基準の一部変更について

LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛)は、当社が提供する各種広告サービスにつきまして、より多くの広告主様に、より多様で有用な情報をユーザーにお届けいただける環境の構築を進めることを目的とし、今後、現行の審査基準を改定し、ご利用いただける業種・業態、商品、サービスを一部変更いたしますのでお知らせいたします。

 

LINE株式会社では、コーポレートミッションである「CLOSING THE DISTANCE」のもと、あらゆるものと人、人と人がシームレスにつながり、また、企業とユーザーの双方にとって価値ある情報接点を提供することで、コミュニケーションインフラとして多様な活用の可能性を広げていくことを目指しております。

 

また、当社が提供する各種広告サービスは、「LINE」アプリをご利用いただく幅広い性年代のユーザー様に広告配信を行うマーケティングプラットフォームです。

 

そのため、これまで「LINE」のプラットフォーム上で展開される各種広告については、ユーザーファーストの原則のもと、「情報受け手(ユーザー)がどう思うか」「ユーザーが必要とする情報を適切な形で提供しているか」「ユーザーが不快に感じることはないか」「全てのユーザーが安心・安全にサービスを利用できているか」という観点を重視した広告ガイドラインを定めてまいりました。

 

また昨今では、一部の事業者による悪質な広告出稿に対して、行政含め広告マーケット全体として広告の健全化への取り組みに注力するようになっています。

 

一方で、ユーザーの求める情報の種類や内容は日々変化しており、また広告主の皆様からのご要望も増加する中、現行の審査基準を一部変更することといたしました。

 

当社は今後、ユーザーファーストの原則はそのままに、より多くの広告主様に、より多様で有用な情報をユーザーにお届けいただける環境の構築を進めてまいります。

 

今後とも当社および当社広告サービスを何卒よろしくお願いいたします。