メインコンテンツに移動
  • ホーム
  • お知らせ
  • Talk Head ViewとLINE広告がニールセン デジタル広告視聴率の計測に対応

Talk Head ViewとLINE広告がニールセン デジタル広告視聴率の計測に対応

2020.05.14 プレスリリース

ユーザーリーチを可視化し、広告の投資対効果を最大化

LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛)は、当社が提供する動画広告「Talk Head View」および運用型広告「LINE広告」の「リーチ&フリークエンシー」と「ファーストビュー」において、ニールセン デジタル株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:宮本 淳)が提供するデジタル広告効果測定ソリューション「ニールセン デジタル広告視聴率(Nielsen Digital Ad Ratings)」に対応いたしましたので、お知らせいたします。

 

ニールセン デジタル広告視聴率(Nielsen Digital Ad Ratings)は、テレビ視聴率と同様のリーチやGRP指標を用いて、PCやモバイルなどのデジタル広告におけるリーチを、重複を除いて統合・分析した結果をリアルタイムにレポートするデジタル広告効果測定ソリューションです。

 

※ニールセン デジタル広告視聴率(Nielsen Digital Ad Ratings)の詳細はこちら:

https://www.netratings.co.jp/solution/DigitalAdRatings.html

 

「Talk Head View」は、LINEアプリのトークリスト最上部への広告配信により、国内最大級のリーチを可能にする動画広告メニューです。また、LINE広告の「リーチ&フリークエンシー」はLINEのタイムライン面の訪問ユーザーに対し優先的に広告を配信することが可能な広告メニューで、同じくLINE広告の「ファーストビュー」は、LINEのタイムライン面の初回訪問時に1日1社限定で最大24時間の広告配信ができる広告メニューです。

※「ファーストビュー」の販売は6月末までとなります。

 

この度、「Talk Head View」およびLINE広告の「リーチ&フリークエンシー」と「ファーストビュー」がニールセン デジタル広告視聴率に対応したことにより、広告主はターゲットユーザーへのブランドメッセージのリーチ状況を可視化し、また他のデジタルメディアとのリーチ比較によって、より効率的な広告投資を行うことが可能になります。

 

LINEでは、今後もパートナー企業との密接な連携と様々なメニューを通じて、企業とユーザーの双方にとって価値のある情報接点を提供し、コミュニケーションインフラとして多様な活用の可能性を広げてまいります。