株式会社ecbeing

LINE公式アカウント

ECシステムを軸に、LINEミニアプリ、セグメント配信(MA)、LINEログイン、デジタル会員証など、オムニチャネルやCRMに必要なサービスを展開。

特徴

LINEミニアプリで店舗とデジタルの融合(OMO)を実現!

【概要】
ecbeingを導入しているEC事業者様が簡単にLINEミニアプリを導入することが可能です。
ライトユーザーとの接点構築に最適なソリューションとしておすすめです。
さらにECと店舗の連携を実現するオムニチャネル機能によって会員統合やセグメント配信が可能となります。

 

【目的】
・店舗での会員獲得:ライトユーザーとの接点構築に最適。

 

【企業側のメリット/特徴】
・3つの重要なデータがワンタップで登録完了。

1.簡単会員登録
従来自社アプリではハードルが高い会員登録までのプロセスが、QR読み込みからワンタップで完了できます。  
ecbeingの会員データベース上に登録されます。

 

2.LINE公式アカウント友だち追加
顧客へのリテンション活動に必要な公式アカウントの友だち登録が同時に完了できます。

 

3.ユーザー個別識別⼦(UserID)獲得
セグメント配信をするのに必要なユーザー個別識別⼦(UserID)が同時に獲得が可能です。
※ユーザー許諾が得られているものが対象となります。

 

【消費者側のメリット/特徴】
・お買い物時の利便性向上

QRを読み込むとすぐにバーコード表示できるので、会員証表示までの手間が少ないです。

 

・自分にとって最適な情報の受信
会員情報や注文情報を基にした情報が配信されてくるので、自分にとってのお得な情報、ほしい情報をもらうことができます。


【標準機能】
・会員バーコード表示(アプリを登録した瞬間にバーコード表示可能)
・ユーザー個別識別⼦(UserID)取得
・会員登録
・ログイン
・店舗向けクーポン
・店舗一覧表示、詳細表示
・来店ポイント付与
・バーコード読み込み商品お気に入り登録
・QRコード読み込み商品お気に入り登録
・お気に入り登録済商品一覧
・ECサイト表示時のシングルサインオン、ログイン保持機能
・セグメント配信 ※当社の別サービスの導入が必要

セグメント配信をマーケティングオートメーションで活用

LINEアカウントと会員ID連携ユーザーへセグメント配信が可能
ユーザー個別識別⼦(UserID)連携ユーザーと会員情報、注文情報が結びついているので、会員ランク情報や最終購買日や累計購入数や買った商品やアンケート情報などから、様々なセグメントを作成してLINE公式アカウントへの配信が可能です。

 

セグメント配信をマーケティングオートメーションに活用可能
さらに、当社のマーケティングオートメーションツールを利用することで、メール未開封の人にLINEで配信したり、LINEを用いた配信の内容をABテストしたりと、最適化運用、PDCA運用が可能になります。

 

ユーザー個別識別⼦(UserID)取得方法も豊富
ユーザー個別識別⼦(UserID)の取得方法は主に4つの機能提供が可能です。 
1.LINEミニアプリ(QRコードから)
2.デジタル会員証(LINE公式アカウントから)
3.LINEログイン(ECサイトのログイン画面から)
4.ID連携(ECサイトのマイページから)

事例・利用シーン

レディースシューズ「RANDA」実店舗で新規会員数増加!

店舗で購入をした新規顧客のうち約9割がLINE連携済み
今回ecbeingがRANDAに提供したLINEミニアプリ オプションでは、「会員証」をLINEアプリ上からスムーズに表示することが出来るようになりました。
その結果、2021年3月に店舗で購入した新規会員のうち、約90%がLINEミニアプリからの登録となりました。
(※ecbeing社調べ)


RANDA「LINEミニアプリ」の特徴
RANDAのLINEミニアプリをLINEアプリのホームタブに追加することで、ホームタブのトップに「RANDA」のアイコンが表示され、ワンタップで簡単に会員証を表示することが可能になります。

 

LINEミニアプリ上での会員登録も可能で、一度ログインしてしまえば、再度ログインする必要なく、すぐに会員証を表示できるため、混雑がしやすい店頭レジでも時間がかからずにお客様にご案内が出来るようになりました。

 

他にも、店頭レジに置いてあるチラシのQRコードを読み取りや、RANDAのLINE公式アカウントのトーク画面内のリッチメニューからも会員証(ミニアプリ)の表示が可能となっています。


今後の展望 / LINEミニアプリ追加ユーザーに対してのプッシュ配信
今回、RANDAはLINEミニアプリを導入したことで、アプリダウンロードのハードルを下げることができ、「ロイヤルユーザー」よりも、大多数である「一般のユーザー」に向けての幅広いアプローチを実現しました。

 

また、会員ランクごとの最適な情報をLINE公式アカウントに対して配信できるようになったので、リテンション率も増加しています。

今後は、さらにLINEミニアプリを利用したユーザーに対して、機能拡張と配信最適化を実施して参ります。

会社概要

株式会社ecbeing

〒150-0002

東京都渋谷区渋谷2-15-1 渋谷クロスタワー

https://www.ecbeing.net/

 

ECサイト構築パッケージソフト「ecbeing」は、1999年のサービス販売開始以来、大手や中堅企業を中心に1400サイト以上の導入実績があるECのパッケージシステムで、13年連続ECサイト構築構築パッケージシェアNo1*を誇る総合ソリューションです。
「ecbeing」は業種や業態を問わず、戦略立案から、デジタルマーケティング、サイト制作、システム構築、運用、データセンターまでワンストップでご提供が可能です。
(*「2020年ECサイト構築パッケージソリューション市場占有率調査」(出典:富士キメラ総研社)調べ)
運用しやすく、マーケティング支援までサポートする売上を上げられるECサイトの構築から、会員データを活用した店舗連携のオムニチャネル対応のECサイトやスマートフォンアプリの提供も行っています。