エボラニ株式会社

anybotは、開発知識いらずでLINEやFacebook、Web、アプリで販売や予約受付を行うチャットボットやLIFF(LINE Front-end Framework)を含むWebアプリをつくることが可能です。

特徴

あらゆる業界ニーズにこたえる豊富なWebアプリ

feature1

 

anybotは、LINEの運用において、あらゆる業界の多岐にわたるニーズにこたえるために、豊富な機能をもつチャットボットやLINE内で動作するLIFF(LINE Front-end Framework)を含むWebアプリをつくることが可能です。

 

自動接客チャットボットやセグメント配信をはじめ、予約、ECレンタルカートによる販売、決済、スワイプ表示、デジタルチラシ、ビーコン、アンケート集計、IVR(電話自動応答)、オムニチャネル、API連携など、様々な機能でクライアントのニーズに対応します

 

これらのチャットボットやWebアプリ、LIFFは、プログラミング知識がない方でもとても簡単につくって利用でき、開発コードの記入は一切必要ありません。

 

カスタムデザインでいちからつくることも可能。

お急ぎの方は、業界ニーズに特化したテンプレートを編集してつくることも可能。

また、当社チームと一緒に、完全オリジナルで見た目も使いやすさも理想的に仕上げることも可能です。

 

作成したチャットボットやWebアプリ、LIFFの公開作業も約5分ほどで、LINE Developersアカウントの情報をいくつか設定するだけで完了します。

 

なにより、シミュレーション機能を使うことで、公開した後に重要な日々の更新作業も安心して行えます。

テスト画面で更新した最新の内容を事前に確認することが出来ます。

確認完了後に公開ボタンをクリックするだけで、運用開始です。

マーケティングオートメーションに特化したCRM(顧客管理)

feature2

 

開発不要のanybotでつくった全てのチャットボットやWebアプリ、LIFFは、マーケティングオートメーションに特化した最上品質クラスのCRMとともに運用できます。

 

anybotは、クライアントのお客様であるLINEのエンドユーザーとの会話ひとつひとつを細かい属性セグメントとして自動で保存していきます。

そのため、anybotのCRMは、御社が望む細かい属性セグメントで分けたペルソナグループを設定し、自動でユーザーをグループ分けしていきます。

こうして生成したペルソナグループを利用し、より効果的なエンドユーザーとのエンゲージメント方法を明確化します。

 

適切なエンドユーザーのペルソナグループに、最適な情報発信とエンゲージメント手段を定めた後は、営業・マーケティング活動を自動化することでオペレーションコストの削減も実現します。

 

「お客様は、そのお客様に向けてカスタマイズされた、そのお客様のためのサービスを受けるべきである」とのシンプルな想いを、当社のクライアントが実現できるようにCRMを作っています。

それぞれのお客様に最適なメッセージを届けることが顧客満足度の向上につながり、コンバージョン率を上げ、しいては、クライアントにとってのお客様のライフタイムバリューを最大化していきます。

事例・利用シーン

接客から販売予約決済後のフォローまで自動オムニチャネル管理

case

 

anybotでつくったチャットボットやWebアプリ、LIFFの活用事例:

 

【チャットボットによる自動接客】

社内外の問い合わせなど、チャットボットが自動で応答。

選択肢の「会話フロー型」も、キーワード返答の「自動応答型」も作成可能。

 

【ECレンタルカートで、再ログインいらずで購入から決済まで】

LINE上にレンタルカートを作り、再ログインなく購入から決済まで対応。

購入のコンバージョン率アップ、かご落ちのフォロー、購入履歴からのマーケティングオートメーションに活用可能。

 

【予約管理(RMS)とカレンダー連携】

予約受付管理、キャンセルなどをLINE上で対応。カレンダーとの連携も可能。

 

【LINE Beacon連携でLINEからPush通知】

LINE Beaconを利用し、効果的にエンドユーザーにPush通知。

 

【アンケート配信と自動集計】

簡単に質問を編集し、ユーザーが答えやすいUIでアンケートをLINE上に配信。アンケート結果は自動集計。

 

【コンシェルジュとヒアリング内容の自動共有】

チャットボットを使ってお客様へのカウンセリングを自動で行い、伺った内容は担当者に自動で共有。

 

【スワイプ式で商品紹介】

右や左にスワイプする直感的に使いやすいUIで、商品などの紹介。

 

【オムニチャネル連携で一括顧客情報管理】

LINEだけでなく、電話番号やメールアドレス、その他のSNS、Webサイト、アプリの情報と連携し、配信などの運用も一括管理することが可能。

 

【対応しきれない電話はIVR(電話自動応答)からLINEで対応】

対応しきれない時の受電や、営業時間外の受電に、IVRからのSMS送信を利用し、LINEに促しチャットボットで対応可能。

IVRの言葉や番号設定、音声データ設定もanybotの管理画面上で設定が可能で、LINEのユーザーデータとの連携も実現。

 

その他にも以下の事例も利用可能:

・FAQの自動応答

・イベント管理

・カタログ式に商品一覧表示

・SMS、メール、他のSNSなどのオムニチャネルと併せて一括配信

会社概要

エボラニ株式会社

〒220-0073 

神奈川県横浜市西区岡野一丁目10番3号 ストーク横浜参番館201号室

https://evolany.com/

 

電話やメール、SNS、アプリなどのオムニチャネルで、企業の接客自動化を実現する「anybot」を運営しています。サービス開始直後から世界的ファッションブランドや各種大学などの教育機関など、企業のLINE公式アカウントの運用に導入いただきました。

現在は、大手化粧品メーカー、小売・卸販売業者、スーパーマーケットチェーン、宿泊業界など、様々な業界や規模の企業におけるLINEのビジネス活動を支援しています。

こうした知見と実績を元に、各業界・業務に特化したパッケージソリューションを展開していきます。

今後、大企業が必要とする機能を備え、中小企業も使える低価格・高品質のオムニチャネル一括対応で業務自動化を実現するソリューションを提供し、日本をはじめ世界の企業のビジネス活動支援を行ってまいります。

 

お問い合わせはこちら

info@evolany.com