ユーザーが欲しい情報を届ける

Messaging API・LINE Login・LINE Beaconなどを活用し、
ユーザーごとにパーソナライズされた情報を配信することができます

LINEだから実現できるOne to Oneコミュニケーション

LINEだから実現できるOne to Oneコミュニケーション

LINE公式アカウント 効果的な活用方法

  • LINE Login

    LINE Login

    企業のサービスとLINE公式アカウントを連携させ、ユーザー行動をLINE上で完結させることができるサービスです。
    新規会員顧客の数を伸ばしたり、LINE公式アカウントの友だちを増やしたりするだけでなく、LINE公式アカウントと会員ID連携を促進させ、ユーザーの利便性向上をはかることができます。

  • Messaging API

    Messaging API

    パーソナライズされたメッセージの送信や双方向型コミュニケーションが実現できるサービスです。
    ご利用にあたっては、LINEが提供しているAPIと企業のシステムをつなぐ開発が必要です。システムを自社で開発せず、パートナー企業が提供するツールを導入することも可能です。

  • LINE Beacon

    LINE Beacon

    店舗などに設置されたビーコン(Bluetooth発信機)から配信されるクーポンやセール情報、特別なメッセージなど様々なコンテンツを、LINE公式アカウントを経由してユーザーへ配信できるサービスです。
    LINEを起点に、店頭・オンラインだけでなく、ユーザーの日常生活の、最適なタイミングで情報を提供することが可能です。

活用例

  • 顧客DB情報と連携した One to Oneコミュニケーション

    顧客DB情報と連携した
    One to Oneコミュニケーション

    企業の顧客データベース情報に応じた配信が可能です。購買履歴に応じたリコメンド配信やカゴ落ち商品に関するリマインドをLINEから送信できます。

  • アンケート情報に基づいた セグメント配信

    アンケート情報に基づいた
    セグメント配信

    アンケートで取得した情報(年齢・性別・居住エリア等)を元にセグメント配信できます。充分な顧客データベースを持っていない企業でも、ターゲットとなるユーザーと効果的なコミュニケーションが実現できます。

  • デジタル会員証

    デジタル会員証

    企業のLINE公式アカウントと友だちになるだけで、簡単に顧客管理を行うことができます。ポイントカードや会員証を独自に発行する必要はありません。また、面倒な個人情報入力も不要なので、ユーザーにもメリットがあります。

  • IoT連携

    IoT連携

    LINE Beaconなどを利用して、様々なモノ・コトとLINEを連携することができます。例えば、来店したお客様にLINEで情報を配信したり、近くの自動販売機からLINEでユーザーに通知して決済が行えたりなど、幅広い活用が可能です。

  • CS連携

    CS連携

    AIを活用した24時間応対が可能なFAQの自動応答など、多様なカスタマーサポートをLINEで提供することができます。

お問い合わせ

LINE Account Connectに関するお申し込み・お問い合わせはこちら

LINE Account Connectの詳細は媒体資料からもご確認いただけます。