LINE公式アカウントを店舗で活用するべき理由

無料で使える

LINE公式アカウントの開設、月間1,000通までのメッセージ配信であれば、
無料で全機能を活用することができます。

メッセージ配信 月間 1,000通無料 例えば、100人に月10通ということ! メッセージ配信 月間 1,000通無料 例えば、100人に月10通ということ!

幅広いユーザーと
LINEでつながる

⽇本の⼈⼝の70%以上に利用いただいており、
男女問わず幅広い年齢層にアプローチできます。

※LINEの国内月間アクティブユーザー8,900万人÷日本の総人口1億2541万人(令和3年4月現在(確定値)総務省統計局)
※⾃社調べ LINEアプリ ⽉間アクティブユーザー 2020年9⽉末時点

国内月間利用者数8,900万人以上 日本の人口の70%以上※ 国内月間利用者数8,900万人以上 日本の人口の70%以上※

初来店客を
リピーター

LINE公式アカウントからメッセージ配信やクーポンを配信することで、
再来店・再購入に効果を発揮します。

初来店客をリピーターに 初来店客をリピーターに

「その日」の集客
に強い

メッセージ配信の開封率・即時性が高いため、
キャンセル発生や雨の日など、「その日」の集客に困った際に使えます。

メッセージを受け取ったら… 受け取ってすぐ:メッセージ開封率約2割、3-6時間:約半割、その日のうち:約8割 メッセージを受け取ったら… 受け取ってすぐ:メッセージ開封率約2割、3-6時間:約半割、その日のうち:約8割

アカウントの開設

  • 新規開設で活用に役立つ スターターキットプレゼント中! ※別途お申し込みが必要です。

- アカウント開設の流れ -

  • STEP01STEP01

    LINE Business IDの登録

    「アカウントを作成」から登録を行います。今後のログイン方法に沿って、個人のLINEアカウントまたはメールアドレスを登録してください。

  • STEP02STEP02

    必要事項の登録、
    認証済アカウントの申請

    アカウント作成フォームに必要事項を記入してください。認証済アカウントに申請される方は、申請に必要な内容を記入した上で申請を行ってください。

  • STEP03STEP03

    アカウント作成完了!

    管理画面にログインできたら、アカウントの開設は完了です。管理画面から基本情報を登録しましょう。

- 業種ごとの活用例 -

飲食・レストラン

飲食・レストランでの活用事例

  1. 新メニュー情報や営業時間、感染対策の情報を
    メッセージで配信できます。

  2. チャットを活用すれば、聞き間違いも防げて、隙間
    時間で、顧客対応や予約のリマインドも可能です。

  3. クーポンを活用して「ちょっとお得」を演出して、
    再来店を促進しましょう。

LINE公式アカウント 使い方カタログ

soup curry Suage

札幌を中心に7店舗を展開するスープカレーの専門店「soup curry Suage」のLINE公式アカウントの活用方法をご紹介します。

活用機能:
メッセージ送信
プロフィール
詳しく見る
美容・サロン

美容・サロンでの活用事例

  1. 予約の受付や、来店前日のリマインドをチャットで
    手軽に行うことができます。

  2. クーポンやショップカードを活用して外部サイトに
    頼らず2回目の来店を促すことが可能です。

  3. 美容商品やおすすめのコースを
    メッセージ配信で紹介してみましょう。

LINE公式アカウント 使い方カタログ

A’z hair

ヘアメニューに加え、まつ毛パーマや着付けも行うトータルビューティーサロン「A’zhair」のLINE公式アカウントの活用方法をご紹介します。

活用機能:
メッセージ送信
チャット
リッチメニュー
詳しく見る
教育・習い事

教育・習い事での活用事例

  1. 予約可能な日時や急なキャンセルによる
    空き枠もメッセージ配信で即座にお知らせできます。

  2. レッスン中でも大丈夫。予約・問い合わせの電話を
    チャットで受け付けることが可能です。

  3. ショップカードを使って、
    継続的な利用を促進しましょう。

LINE公式アカウント 使い方カタログ

韓国語ならK Village Tokyo

リーズナブルな料金システムで日本最大級の在籍生徒数を誇る語学教室「K village Tokyo」のLINE公式アカウントの活用方法をご紹介します。

活用機能:
メッセージ送信
リッチメニュー
詳しく見る
小売・EC

ショッピングでの活用事例

  1. 新商品やおすすめ商品をメッセージ配信で
    お知らせして、集客・購買を促進することができます。

  2. 店舗や外部サイトで使えるお得なクーポンを発行して、
    常連さんを獲得しましょう。

  3. 季節限定のキャンペーンや商品も
    リッチメニューを活用してお勧めできます。

LINE公式アカウント 使い方カタログ

マックスプラス

沖縄本島に店舗を構える家具や生活雑貨を中心とした商品を販売するインテリアショップ「マックスプラス」のLINE公式アカウントの活用方法をご紹介します。

活用機能:
メッセージ送信
リッチメニュー
クーポン
詳しく見る

- LINE公式アカウントの活用事例 -