活用パターン1
WEBサイトの集客プラン

WEBサイトの集客・顧客獲得で活用

  • 予算

    月10万円~30万円

  • 期間

    3ヶ月間~

  • 目的

    単価重視

    顧客獲得の少額お試し配信

  • 配信手法

    デモグラフィックデータ配信

    (商品のコアターゲットの年齢・性別を指定)

  • 申込みの流れに従って
    アカウントを開設

    管理画面にログインし、広告アカウントを作成します。ここでは、お客様情報とお支払い情報(クレジットカード登録)を設定します。広告アカウントを作成すると広告商材・サービスの審査が開始します。

  • LINE Tagを発行してご自身の
    管理するWEBサイトへ設置

    広告の成果向上のためにLINE Tagを設置します。LINE Tagを設置すると、広告の効果の計測やお客様のウェブサイトにアクセスしたユーザーなど、すでに商品やサービスに興味を示しているユーザーや、同じ特徴を持つ類似ユーザーにアプローチができます。

  • 配信設計を検討

    広告アカウントの作成が完了したら、キャンペーン・広告グループを作成する必要があります。キャンペーン・広告グループとは広告を管理するための単位で、広告を表示したいターゲットや1日の予算などを設定できます。

  • 配信設計に従って入稿

    キャンペーン・広告グループの作成が完了したら、LINEやパートナーサイトに掲載する広告を作成します。ここでは、ユーザーに表示される画像、動画、テキスト、ランディングページなどを設定します。

おすすめ配信プラン

1ヶ月目

配信期間 1週間
予算 30万円
入札戦略 手動入札
配信手法 デモグラフィックデータ配信
(商品のコアターゲットの年齢・性別を指定)

おすすめ配信設計

1ヶ月目

キャンペーン×1本

ウェブサイトコンバージョン
(デモグラフィックデータ配信)

広告グループ×2本

クリエイティブサイズ別で細分化

広告×4本

各広告グループ2本に、静止画2種類

WEBサイトの集約プランでのおすすめ配信設計1か月目WEBサイトの集約プランでのおすすめ配信設計1か月目
  • 審査完了後、配信開始

    広告を作成すると、審査が開始します。リンク先のURL、使用されている画像や動画など、広告のコンテンツが審査の対象となります。審査が完了すると、広告の掲載が開始します。

  • 配信後、2~3日後に配信状況を
    確認して調整

    広告の掲載が開始したら、キャンペーンの状況に応じて入札価格などを調整します。

    チェックポイント

    予算の消化状況の確認

    効果の合わない広告の入札調整・停止

    新規広告の作成

  • 1週間配信後、翌月の準備

    コンバージョンが獲得できたら、ターゲット設定の拡張や入札手法の変更など検討しましょう。また、メディア(広告の画像や動画)の差し替えは定期的に行いましょう。

おすすめ配信プラン

2ヶ月目以降

配信期間

2週間

予算

30万円

入札戦略

手動入札

CVの蓄積状況によっては自動入札に切り替え

配信手法

リターゲティング配信・類似配信

作成した類似オーディエンス・ウェブトラフィックオーディエンスが利用可能になったら配信開始

おすすめ配信設計

2ヶ月目以降

キャンペーン×2本

ウェブサイトコンバージョン(リターゲティング配信)

ウェブサイトコンバージョン(類似配信)

広告グループ×8本

ページ階層×リーセンシーで細分化(最大で8広告グループ)1ヶ月目の効果が悪い類似配信は停止するなど調整

獲得ユーザーはターゲティングで除外

広告×16本

各広告グループ8本に、静止画2種類

WEBサイトの集約プランでのおすすめ配信設計2か月目WEBサイトの集約プランでのおすすめ配信設計2か月目

活用パターン2
アプリのプロモーションプラン

アプリのインストール・利用促進で活用

  • 予算

    月10万円~30万円

  • 期間

    3ヶ月間~

  • 目的

    インストール単価重視

  • 配信手法

    類似配信

IDFA・AAIDデータが蓄積されている場合。

  • 申込みの流れに従って
    アカウントを開設

    管理画面にログインし、広告アカウントを作成します。ここでは、お客様情報とお支払い情報を設定します。広告アカウントを作成するとサービスの審査が開始します。

  • 第三者SDKと連携

    アプリのインストールなど広告の効果を計測するために、SDKと連携します。提携パートナーについては、こちらのLINE広告(旧LINE Ads Platform)のAds Measurement Partner一覧をご覧ください。

  • 配信設計を検討

    広告アカウントの作成が完了したら、キャンペーン・広告グループを作成する必要があります。キャンペーン・広告グループとは広告を管理するための単位で、広告を表示したいターゲット、1日の予算などを設定できます。

  • 配信設計に従って入稿

    キャンペーン・広告グループの作成が完了したら、LINEやパートナーサイトに掲載する広告を作成します。ここでは、ユーザーに表示される画像、動画、テキスト、遷移先のアプリストアなどを設定します。

おすすめ配信プラン

1ヶ月目

配信期間 2週間
予算 30万円
入札戦略 CPI最適化
配信手法 類似配信(1%、3%)

作成した類似オーディエンスのステータスが利用可能になったら配信開始

おすすめ配信設計

1ヶ月目

キャンペーン×1本

アプリのインストール
(類似配信)

広告グループ×4本

類似度・OS単位で細分化

広告×16本

各広告グループ4本に、静止画2種類×2サイズ

アプリのプロモーションプランでのおすすめ配信設計1か月目アプリのプロモーションプランでのおすすめ配信設計1か月目
  • 審査完了後、配信開始

    広告を作成すると、審査が開始します。リンク先のURL、使用されている画像や動画など、広告のコンテンツが審査の対象となります。審査が完了すると、広告の掲載が開始します。

  • 配信後、2~3日後に配信状況を
    確認して調整

    広告の掲載が開始したら、配信の状況に応じて入札価格などを調整します。

    チェックポイント

    予算の消化状況の確認

    効果の合わない広告の入札調整・停止

    新規広告の作成

  • 1週間配信後、翌月の準備

    コンバージョン(アプリのインストール)が獲得できたら、ターゲット設定の拡張(類似オーディエンス)やアプリをインストールしているユーザーのリエンゲージメント(ユーザーの呼び戻し)など、さらなる利活用を検討しましょう。また、メディア(広告の画像や動画)の差し替えは定期的に行いましょう。

おすすめ配信プラン

2ヶ月目以降

配信期間

2週間

予算

30万円

入札戦略

CPI最適化

配信手法

デモグラフィックデータ配信
(アプリのコアターゲットの年齢・性別を指定)

おすすめ配信設計

2ヶ月目以降

キャンペーン×1本

アプリのインストール
(デモグラフィックデータ配信)

広告グループ×2本

OS別で細分化

広告×8本

各広告グループ2本に、静止画2種類×2サイズ

アプリのプロモーションプランでのおすすめ配信設計2か月目アプリのプロモーションプランでのおすすめ配信設計2か月目
  • 以下に該当する場合は、こちらのお問い合わせフォームよりご連絡ください。
    • クレジットカード以外の支払い方法をご希望の方
    • 予約型広告、LINE Dynamic Adsの出稿をご希望の方
    • その他出稿に関するご質問
  • ヘルプ

    LINE広告(旧LINE Ads Platform)について、お客様からよくいただくご質問にお答えします。

  • お問い合わせ

    LINE広告(旧LINE Ads Platform)に関するご相談やご質問はこちらよりお問い合わせください。

  • パートナーにお任せして開設する

    LINE広告(旧LINE Ads Platform)のご活用は、パートナー各社へもご相談いただけます。