メインコンテンツに移動
2020.9.25 更新

入札方法と入札価格について

入札方法は、目的にあわせて[手動入札]と[自動入札]から選択することができます。

 

 

●手動入札

運用者自らが上限CPCまたはCPMを入力します。

 

●自動入札

キャンペーン目的や広告配信の目的に合わせ、システムが入札価格を自動で調整する機能です。

 

LINE広告では自動入札を推奨しています。設定しているキャンペーン目的に応じて選択できるものが異なります。

入札単価設定

自動入札を設定すると、管理画面内の広告グループに[学習中]と表示されます。この表示があるうちはシステムが学習を行っていますので、頻繁な変更を行わないことを推奨します。

 

 

自動入札の最適化は広告グループ単位で行われます。学習完了に必要なイベントは、広告グループ単位で約40となります。

 

学習は配信期間よりもイベント数に影響します。自動最適化の学習に必要なイベント数が少ない場合は、広告グループが所属している広告アカウント内の情報や、類似した他の広告情報を用いて自動入札を行います。