アルファコム株式会社

複数のLINE公式アカウントを統合管理、マルチテナント対応やリアルタイムモニタリングができる、コンタクトセンターに最も適したチャットサービスM-Talk

特徴

コンタクトセンター運用のために開発されたチャット

feature1

 

WEBサイト・LINE・自社アプリをインターフェースとした統合運用をはじめ、Chatbot連携、CRM連携などお客様によりコンタクトセンターの在り方、ご要望は様々です。

現実を見据えた確かなセンター運用から目指すべきセンターの姿まで、お客様に寄り添い、共に考え実現する。

それが「M-Talk」です。

要望に合わせた柔軟なAI/Chatbot連携

feature2

 

●AI/Chatbot回答精度フォローアップ機能

AI/Chatbotの回答精度による課題を解決するため、AI応答状況をセンター側でサポートする機能を搭載(AI連携を前提としたインターフェース)。

センター側から任意のタイミングで有人対応へ切り替えできます。

 

●簡易チャットボット機能(シナリオトーク)

事前にシナリオを登録することで自動応答が可能になります。

・自社にあったAI/Chatbotを選定するための情報収集や状況把握としての活用

・シナリオトークで解決できない応対を有人へスライド

有人対応の効率化とお客様をお待たせしない快適な問合せ環境を実現します。

事例・利用シーン

センターの強みである「カウンセリング」の活性化で顧客体験向上

case

 

コンタクトセンターを自社で運用されているJIMOS様の例では、自社ブランドのLINE公式アカウントと友だちになっているLINEのユーザーに対し、広告配信だけでなく、オペレーターが問合せを受付けチャット応対を行い、LINEスタンプでお客様との距離感を縮め、親しみのある会話を提供しています。

 

またチャットで対応しきれない時やテキストでの表現が難しいとなった場合に、電話への切り替えの提案をし、お客様からCallしていただきます。

これらの動線としてLINEコールPlusを活用、LINEの無料通話で同じオペレーターにつながる設定にしており再度状況説明をするような煩わしさが解消され、お客様と密な関係を築ける体制を強化しています。

 

その他、AI/Chatbotと連携し、必要に応じて有人チャットへエスカレーションしている実績としては、ニッセン様、千趣会様、アスクル様などです。

会社概要

アルファコム株式会社

〒104-0061

東京都中央区銀座1-7-3 京橋三菱ビル7F

https://alfacom.jp

 

アルファコムは、海外システムの輸入・販売・保守・コンサルティング・技術支援などを通じ、コンタクトセンタービジネスの発展に寄与して参りました。さらに対顧客・社内でのチャット活用により、より良いセンター運営の支援だけでなく、すべての企業のコミュニケーション改革を推進。お客様の課題やご要望の解決を実現すべく、最適なソリューションの提案と導入・運用支援に取り組んでいます。