メインコンテンツに移動
2021.10.06 更新

LINE Tagを取得する

LINE広告で配信した広告効果を把握するために必須となるのが、「LINE Tag」の設置です。「LINE Tag」によって、広告配信の結果、どのくらいのユーザーが自社のサイトを訪問したのか、あるいは商品・サービスの購入に結びついたのかなどを計測することができます。

LINE Tagの種類と役割

LINE広告における「LINE Tag」には、以下3種類のコードがあります。これらのコードを目的に応じて任意のページに設置することで、コンバージョンの計測やリターゲティングのためのオーディエンス作成が可能になります。


ベースコード

ユーザー行動を計測したいすべてのページに設置が必要なコードです。このコードが設置されていないと、「LINE Tag」が機能しません。


コンバージョンコード

コンバージョンを計測するページに設置するコードです。基本的には、商品購入や資料請求などが完了したあとのサンクスページにベースコードとセットで設置します。


カスタムイベントコード

特定のページにアクセスしたユーザーについて、イベントベースでの効果測定やオーディエンスの作成ができます。ベースコードとセットで設置します。

取得方法

    1. トップページの [広告アカウント] タブで、計測したい広告アカウント名をクリックします。

  1. 広告マネージャー画面左上の [≡] > [共通ライブラリ] の [トラッキング(LINE Tag)] をクリックします。

  2. 表示されている各コードを、用途に応じてベースコード⋅カスタムイベントコード⋅コンバージョンコードを広告主サイトに設置してください。

  3. 1stPartyCookie/Local Strageを利用して計測を行う場合は [ファーストパーティーCookie・ローカルストレージを利用] をクリックしてください。

  4. ステータスにてタグの状況が確認できます。

    ・名前:タグの名称です。イベントコードの場合は、タグが動作したら設定したイベント名が表示されます。

    ・ステータス:タグの動作状況が表示されます。問題なく設置⋅動作していれば[利用可能]と表示されます。7日間タグが動作されない場合は[停止中]と表示されます。

    ・最終受信:最後にタグが呼び出された日時が表示されます。

共有された LINE Tag

広告アカウントのLINE Tagを共有

クリックすると、広告アカウントに設定したLINE公式アカウントや、同じLINE公式アカウントを配信に利用している他の広告アカウントへLINE Tagの共有が可能になります。

共有されたアカウントは新たにタグを設置しなくてもタグを利用したコンバージョン計測が行えるようになります。

 

共有されたLINE Tag

共有されているLINE Tag一覧が表示されます。

この情報は役に立ちましたか?

関連マニュアル

LINE広告 サポートBOT

LINE広告に関する質問に自動で回答するアカウントです。友だち登録をして、トークで質問を行ってください。

LINE広告
LINE広告